女性は自分に都合の良い過去の記憶を作り上げてしまうそうなんです


2016年9月11日に掲載した、

相手と自分の為に『水に流すこと』も必要な場合がある
http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/e/512d03b4176bfaa6dd7b55f87ca558e2

の記事の中で、『ほんまでっかTV』で過去に取り上げていた、

「今の自分にとって都合の悪い過去の記憶を忘れて、
自分にとって都合の良い記憶を作り上げて、
それを現実に起きた過去の事実だと思い込んで信じて疑わず、
『記憶のすり替え』をする能力が女性は非常に高く、
その作り上げた過去の記憶の作り話の嘘は、
裁判官でも見抜けない」

ということについて書きました。

この情報は、検索をかけたら2013年の番組でやっていました。

『ほんまでっかTV』でされた説明のケースでは、

「女性にとって、

『片思いした男性に積極的にアプローチして、
男性のほうはその気がなかったけれど、
なんとか食事のあとにホテルに誘い込むことができて、
セ●●●をしてから男性に交際OKをもらって付き合い始めた』

という過去の出来事が、その男性が今は嫌になって
お付き合いもしたくないとなった時、
女性はその起きた過去の出来事の記憶が都合が悪いので、

『男性から無理やりホテルに連れ込まれてレイプをされ、
交際を強制されて付き合っていた。
私は嫌だったのに。』

という自分に都合の良い記憶を作り上げて、
それを過去に起きた現実の記憶だと思い込み、
信じて疑わず、そう主張する。

その作り上げた嘘の記憶は、
裁判官でも見抜けない。

それで訴えられた男性は、
自分の過去の記憶を認めてもらえず、
本当は罪がないのに罪を認めざるを得なくて、
泣き寝入りしている男性がとても多いんです」

だいたいこんな感じで出演していた専門家の方が
話していたように記憶しているんですが・・・

もしかしたら、ユーチューブにこの動画が
アップロードされていないかなと思って探してみたけど、
ありませんでした。

この情報について検索をかけたところ、
この記事が引っかかりました。

ホンマでっか!?TV6月5日(2013年)
「女のウラの顔SP」
フジテレビ-テレビガイド

http://tvguide.blog.fc2.com/blog-entry-311.html

説明した先生の話の要点が簡潔な文章で書いてあって、
私が上記で記載した口頭説明での話は掲載されていないものの、
過去の記憶をどのように作り上げていくのかについて
説明がされています。

私の専門家の先生の口頭説明の話の記憶も、
どうもあやふやかもしれませんので申し訳ないのですが、
とにかく女性は過去の記憶を自分に都合よく
作り上げる能力がとても高いのです。

だから特に女性同士の間で過去の出来事の、

「言った」「言わない」
「やった」「やらない」

については、当人同士ではない第三者が聞かされたとき、

「常識的に判断してどちらが考えられることで、
ありえる話かどうか」

で判断するしかないんですが、
その『常識的に考えられる判断』で、
自分の過去の記憶を否定されたほうは、
さらに怒りを増してしまうだけだろうと思います。

だから、メールの文章で証拠を提示できない場合の、
口から発言して行動したことは証拠がないので、
本当に起きた出来事かどうか証明できないので、

「言った」「言わない」
「やった」「やらない」

の話は自分と相手の為に水に流して忘れてあげるしかないのです。

私は過去に親(父と継母)さんから虐待されて、
肉体への攻撃や言葉の暴力もありました。

大人になってから、父親の目の前で継母さんに、
よく暴力を振るったよねということを言った時、
継母さんは、

「そんなことしていないわよ!」

と大きな声で否定しました。

本当はそれを覚えているのに彼女の夫(私の父親)に
知られたくなかったのかもしれないし、
過去の記憶をさっぱり忘れていて
覚えてもいなかったのかもしれません。

継母が他界して父親と二人暮らしになった時、
ある日、父親に、
「よく棒や靴べらで私を叩いたよね」
と言ったら、

「そんなに叩いたかな」

と父親も覚えていませんでした。

私は被害者意識でいたので、謝ってほしかったけれど、
継母さんのことも、父親のことも怖かったので、
それ以上、追求して言うことができませんでした。

父が他界後、私は2005年からレイキヒーリングに
3年間、毎日すがるように取り組み続け、
2012年からずっと虐待の癒しを集中的にする
調合フラワーエッセンスを22瓶は摂ってきていて、
虐待に関する心を癒し続けて、

2015年9月に奇跡のヒーラーの
ブルーノ・グルーニングさんの
ハイルシュトロームによる『神の治癒』にも取り組み始めて、

意識がとても上がったときは、親の虐待に関して、

「ああ、そんなこともあったね」

と笑い飛ばせるくらい開放されるのですが、

その高みの心の境涯から少し落ちてしまうと、
虐待の記憶を思い出すと悲しくはないし辛くもないけど、
じわっと涙があふれたりしますし、
心の中で他界した父と継母さんに、

「ひどい、ひどい!」

と思ったりします。

相手方に抗議をして責めて謝罪を要求して、
謝ってもらってまやかしの幸福を手に入れようとするよりも、

自分がそのことに関してエネルギーヒーリングに取り組み続けて、
心を癒して満たして愛の意識を高めて、
そのことから解放されて笑い飛ばせるようになる、

そうなることで相手を許してしまえる、
そうして本当の心の幸福状態を手に入れるほうが、
有益で賢いと思います。

自分は「相手に非がある」と思っていても、
実は自分が『自分に都合が良い記憶』を作り上げていて、
その自覚がまったくなくて、
それゆえに作り話の嘘になることを言って自分を正当化して、
自分は相手に罪を着せているだけなのかもしれない。

「言った」「言わない」
「やった」「やらない」

を主張し続けて自分を正当化するのではなく、
エネルギーヒーリングに取り組み続けて、
自分と相手の為に『水に流してあげる』のが、
一番ベストであり賢い対応だと思います。

自分の心と相手の心が癒されるまで、
忍耐強く時期を待つしかないのです。

心を傷つけられたという辛い気持ちはわかりますよ。
私は親から虐待されて心が深く傷ついた体験もありますし、
心に入れて慕っていた方から、
軽蔑されて嫌悪されていることを告げられて縁を切るしかなく、
その方の言葉に心が傷ついてしまって、
辛く苦しくなって波動がかなり落ちたことがありますからね・・・

相手を許さないでいるのは、

「私は幸せになることを拒否します!」

と宣言して不幸せで居続けることを自分で選択していて、

『幸せにならない道』を歩み続けることを
自分で選択し続けているということなのです。

相手から謝罪の言葉をもらっても、
一時的なすっきり感はあって幸福を感じるかもしれないけれど、
相手を許すことはできていず、
何度も過去の記憶を思い出して相手に怒りを感じては、
謝罪の言葉を思い出して一時的にすっきりする・・・

を繰り返すだけで、相手を本当には許せていないから、
相手からの謝罪は『まやかしの幸福』しか
得られないものだということ・・・

エネルギーヒーリングに取り組んで
心傷ついた相手との過去の出来事から解放されると、

「相手からの謝罪の言葉はいらなかったんだ」

ということに気づくことになります。

この記事を読んでいる方々が誰かとのやりとりで、
心傷ついていらっしゃるのなら、
エネルギーヒーリングでその出来事から解放されて
心が幸福になるその日が早く来ることを願っています。

フラワーエッセンスを選ぶのに良い『花カード』です♪
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1428.html

大天使ラファエルさまやイエスさまのヒーリングのやり方
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1755.html

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの紹介文はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html
(病気治癒だけでなくあらゆることで奇跡が起きます)

関連記事
スポンサーサイト