。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


スピリチュアルTVのチャットの利用者さんに向けて
書いた書き込みなのですが、

スピリチュアリティの知識を取り入れて、
「人は自由」を自分の利己心に都合よく解釈されて
勘違いされておられる方もいるようなので、
考えるきっかけになるかもしれないのでこのブログに掲載しますね。

テディさんが亡くなってしばらくしてから~ここ最近
のスピリチュアルTVのチャットで、
ハンドルネームに関しても、発言に関しても、
スピリチュアルの言っている「自由」をはき違えて
解釈しておられる方が何人もいらっしゃるなと思います。

「自由」や「この世界なんでもあり」を
自分に都合よく解釈していると思います。

自分の行動言動思考には
霊的責任を取らされるようになっていると学びました。

例えば空想(一般的には妄想と言っていますが)で、
好きな芸能人とデートしてあれやこれやしている
空想の思考ですら霊的責任を取らされるようになっていると学びました。

肉体を去ってから自分の人生の始めから終わりまでを
守護天使や守護霊さんと一緒にDVDを見るように全部見て、
「これは良かったね」「これはいけなかったね」
とご指導を受けるそうですよね。

悟ったらそういうことをすっ飛ばして
ワンネス世界に戻って行くわけじゃないと思います。
そのご指導を受けてからワンネスに還ったり
またあちらの世界でする勉強(指導)を受けるんじゃないかな。

千葉一人さんによるとテディさんが11次元から12次元に
移行したことをダウジングで調べていましたが、
階層世界にいるっていうことでしょう?

悟りを得たテディさんほどの人でも階層世界に居て
解脱して輪廻転生の輪から抜けたわけじゃないようですよね。

だとしたらこのチャットにいる人たちの心の境涯では、
霊的知識をものすごく勉強しても悟りを得ていたとしても、
肉体を去ったあとには守護天使と守護霊さんと一緒に
今のこの人生での行動言動と空想を含めた思考の見直しをして
ご指導を受ける過程は必ず通るはずですよ。
この地球の属する宇宙の霊的環境が
そういう風に設定されているわけだから。

だからこのチャットでテディさんが肉体を去って
この世からはいなくなって
テディさんの目がなくなったと思い込んで、
「自由だ、自由だ、何書いてもいいんだ」って、
肉体を去ったあとの霊的世界においてや生まれ変わった未来世で
このチャットやその他の生活でしたことについての
霊的責任での自己責任を取らされることも考えないで、
テディさんの決めたハンドルネーム1人につき1つというルールも守らないで、
人を嘲笑したり攻撃したりする発言をなさることについて、

「自由」には必ず「責任が伴う」のが
この世界のルールだということを
ちゃんと理解する必要があるのではないでしょうか?

このチャットで
「自分がどこの誰だかわからないだろう」
って思っていらっしゃっても、
テディさんはもう宇宙にいてどこにでも来られるから、
チャットに入室しているとき、私たち一人一人を見ていて
なにを発言しているかチェックしていると思いますよ。

自分が死んだあとテディさんに会うかもしれないのだから、
テディさんの目をしっかり見ることができる、
そういう発言をなさったほうがいいと私は思っています。

この書き込みに「何言ってんだこいつ」って思う方は
霊的知識が乏しいか、霊的知識があっても
「私がこの宇宙の神だ!」
というのについての意味の解釈を
自分の利己心に都合よい解釈の仕方をして
勘違いされておられるのだと思います。

霊的真理の設定のルールだけじゃなく、
人の世界にはルールがある。

言わなくても常識や良識によって
暗黙で了解しているルールもあるわけです。
なんでもかんでも「自分の自由」が
まかり通るわけではないということですね。

悟ってもイエス・キリスト、ブッダ(お釈迦さま)レベルの
意識レベル1000になってこの世を去らないと
解脱してこの宇宙そのもののキリスト意識に
なることはできないんだろうし、

イエス・キリストやブッダレベルでも
肉体を去ったあとの守護天使と守護霊さんとの
人生を振り返ってのご指導の過程は
通過してから解脱なのかもしれないです。

イエス・キリスト、ブッダレベルに自分はなっていないのなら
なおさら自分の行動言動思考の
自己責任と霊的責任を負うことについてを踏まえたうえで、
それでもそうしたい、そうしないではいられない、なら
自由になさるのも生きかたの1つだとは思います。

ただ、その場合、自分の周囲の人に
相手にしてもらえるかは別の話だと思います。

人はキラキラしたものが好きです。
優しい愛の対応をされることがとても好きです。
優しい愛に慣れていなくて優しい愛の対応なんて嫌だという人でも、
じゃあ体罰を与えられたいのかというとそれは嫌なはずで、
体罰を与えられて幸せ、恍惚になる人は
SMプレイで鞭で叩いてくださいというマゾの人くらいだと思います。

周囲に相手にしてもらいたければ
周囲に相手をしてもらえる自分になる必要があるということ・・・

このチャットは自分が思ったことを聞いてもらいたくて
いろんな発言をいろんな方がなさって、
その書き込みを楽しみにされておられる方もいる。

でも他者への思いやりのない発言内容は
不快に思う人のほうが多いわけです。
そういう人は「無返事(無視)」という対応をされます。

私は人を誹謗中傷することが目的の攻撃的な発言や
人を小馬鹿にしたりして嘲笑的な発言をするのなら
自分の場(ブログ、ホームページ、手帳の日記)で
なさればいいと思っています。

チャットのような人が集まって楽しくおしゃべりしたり
真剣な話をしたりすることを目的としている場で、
誰かの発言に対して嘲笑したり攻撃したり、
ただ相手を否定することが目的なだけの反論や非難の発言を
書き込むのは違うと思っています。

ここに書き連ねたことは、
テディさんが生きておられる頃の何年も前から
スピリチュアルTVのチャットに入室して発言し続けてきた私の
一意見に過ぎないのですが、
テディさんが作られたスピリチュアルTVという場が好きなら、
そのチャットでの発言について、
利用者の方々はテディさんを知らなくても、
また、スピリチュアルTVのチャットに関係なく、
ちゃんと考えてほしいことです。

相変わらずの長文連続書き込みですが
読んでくださりありがとうございました。

チャットでの人とのコミュニケーションを取ることについても伝えておきます。

チャットは、たいていは短文の一言か、
1行くらいで要点を書いて発言するというスタイルが
基本的な暗黙のルールとなっているので、
コミュニケーションツールとしてデメリットが大きいんですよね。

人との言葉でのコミュニケーションって、
要点だけを書くと誤解が生じやすいのです。

心の在りかたの「話し上手」「聞き上手」であるかだけでなく、
ちゃんと丁寧に説明する文章力があるかどうかと
文章読解能力があるかどうかの
「話し上手」「聞き上手」の2つが求められます。

この2点の能力が高いかどうかが
チャットやブログではかなり重要で、
文章作成能力があまりない「感覚でわかれ」の右脳タイプの人や、
「言わなくてもわかってくれ」の甘えの気持ちが強い人は
チャットでのコミュニケーションには向かないんです。

チャットを利用して他者とのコミュニケーションをしたいということなら、
文章作成能力と文章読解脳力を磨くための
日本語の勉強が必要になってくるということです。
それをしない場合は、誤解されて理解されてもかまわない、
他者とのコミュニケーションを取れなくてもかまわない、
ということですが、
それならチャットに書き込む必要があるのかという話になってきます。

私がブログに超長文で伝えたいことを書くのは、
要点を書いて短文で簡潔に書いたりすると、
誤解して理解してしまう方もいるようで、
自分が「このように理解してほしい」というのが
読み手にちゃんと伝わらないと思っているからなのですが、

要点を書いて短文で簡潔に記事を書いて投稿したら、
苦情が来たりしたことがあります。
(~_~;)

というわけで、チャットは短い一言か1行の短文で発言するのが
基本的には暗黙のルールとなっているものなので、
ちゃんとしたコミュニケーションを取るようなツールではないのですが、
短い秒数でどんどんログが流れて行って消えてしまって、
ログを遡れないチャットではないなら、
長文も書き込めるなら長文できちんと伝えたほうが、
自分の言いたいことが相手に伝わりやすい可能性があるものです。

なにしろ、ブログ記事で一方的配信で
超長文で懇切丁寧に文章を書いても、
その人その人の利己心での主観による
狂った価値観で判断されて理解されてしまって、
言いたいことが伝わらないくらいですから、

文字でも口に出しての発言でのコミュニケーションでも、
心の在りかたにおいての
「話す能力」と「聞く能力」と
「相手の言うことを理解する能力」
が高くないと、
相手とのちゃんとした心の交流は取れないです。

相手がまだ言い終わっていないのに
「自分は相手の言いたいこと全部理解した!」
と思って(勘違いして)、
相手の発言を遮って自分の言いたいことを話し出す人というのは、
「話す能力」と「聞く能力」が低いということで、
人とのちゃんとしたコミュニケーションを取ることができない人、
ということです。

相手が全部言い終わってから発言するように
心がけるとかなり違いますよ。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2016.11.14 / Top↑