『善の思考』は悪人に都合が良すぎると思いました

※この記事に出て来るブルーノ・グルーニングさんの交友会はドイツ非営利社団法人(非営利団体)で宗教団体ではありません。


2016年12月13日に、
少し自分の心の闇を見つめていて、
ある方の意見を口悪く言い替えて
SNSに投稿して3日後に、
自転車の後ろカゴカバーが盗まれて・・・

という記事を書きました。
こちら↓

闇の心で引き寄せたことは損だった・・・エゴ・悪で他者コントロールってしてますよねぇ
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-2024.html

心がどんどん堕ちていって波動も低くなり、
どうも体が重くだるいし心地悪くて、
心の闇を見つめるのをやめて、
とにかくブルーノ・グルーニングさんにお願いして
ハイルシュトロームを流してもらって
アインシュテレンし続けて
善のエネルギーを受け取っていました。

で、後ろカゴカバーが盗まれた2日後に、
自転車に乗ろうと外に出たら、
風がとても強かったのです。

自転車のそばに行って後ろカゴを見たとき、
ふっと、

(風で飛ばされてしまったのかもしれない・・・)

という思考が自然と出てきました。

すぐ次の瞬間、

「いやいや!
だって盗まれた日とその前の日に
自転車を停めた時の日は
風なんてそんな吹いていなかったじゃない!
それに後ろカゴカバーは
自転車屋で買って、自転車屋さんのお兄さんが
取り付けて紐をしっかりと縛ってくれたじゃない!
風で飛ばされるなんてありえない!」

と思ったものの、

自分の中で、その

(風で飛ばされてしまったのかもしれない・・・)

という思考で自分の心がふわっと軽くなる、
それを感じていて、

(そう考えて自分の心がラクになるのなら、
それはありかもしれないな・・・)

とは思うものの、

それって悪人に都合が良すぎるのよ~~~;;;
( ̄  ̄;)

そういえば奇跡のヒーラーの
ブルーノ・グルーニングさんのドキュメンタリー映画で、
ブルーノ・グルーニングさんは
詐欺師のMさんが自分の『神の治癒』のための診療所を
ヴァンゲローゲ島だったかに作るって言われて、
詐欺師のMさんにわざと利用されることで
詐欺師のMさんにお金をずいぶん儲けさせたけれど、

ブルーノ・グルーニングさんは
その詐欺師のMさんから逃げたあと、
詐欺師のMさんを裁判にかけるということも
なさらなかったようだし、

結局、詐欺師のMさんに高額なお金を払って
ブルーノ・グルーニングさんの『神の治癒』を
受けた人たちにお金を取り戻してあげるということも
ブルーノさんはなさることはなかったので、
結局、詐欺師のMさんは目論見通りボロ儲けだったわけで・・・

高額なお金を支払った人がお金に余裕のある
お金持ちの人たちだけなら、

「本人が支払うと決めて支払ったのだから別に問題はない」

とすることはできるけれど、

もし、貧しい人がやっと貯めたお金を
詐欺師のMさんに支払っていたのだとしたら、
それはやっぱりその貧しい人に
お金を返してあげられるようにしてほしいって
私はそんな風に思ってしまうので、

ブルーノ・グルーニングさんは
自分を利用する悪の人たちが悪だとわかっていても、
それを先に言ってもみんな信用しないから、
だからわざと利用されてその人たちが
悪であることを知らせる・・・だったかな・・・

そういうことをされていての行動だったそうなのだけれど、
この詐欺師のMさんとブルーノさんのお話、
ブルーノ・グルーニングさんの交友会の
他地域のコミュニティのある方と、

「あれはおかしいよね。」
「あれはどうもわからないです。」

と話したりしました。

ブルーノ・グルーニングさんは
『エゴから完全に離れていた方』だと
交友会では伝えているのですが、

エゴから完全に離れているというのは、
キネシオロジーテストという
筋肉の反射でみる科学的なテストにおいて、
意識レベル850~1000(悟りのレベル)の心の境涯で、
このレベルは聖者であるということなんです。

ブルーノ・グルーニング交友会では
ブルーノさんのことを聖者とは伝えていなくて
『キリストの道を生きた人』
と伝えていますから、
ブルーノ・グルーニング交友会の人たちが
聖者と気づいているかどうかはわかりませんけれど、
交友会が聖者とは発表していないので、
交友会の友はブルーノ・グルーニングさんを
聖者とは言わないけれど、

私はブルーノ・グルーニングさんは
聖者だと思っていて、
私の心の中で私が畏み敬う存在だと思っています。


※ブルーノ・グルーニングさんは
イエス・キリストの生まれ変わりなのかと
思ってしまわれる方もおられるのですが、
交友会の国代表とランチした時にお聞きしたのですが、
ブルーノさんはイエスさまがとてもとてもお好きだった方で、

「イエスがあの人生を先に生きてくれたから、
私はこの道を生きることができた」

とおっしゃっていらしたんですとのことで、
イエス・キリストの再臨ということではありません

で、ブルーノさんがエゴから完全に離れていたのであれば、
また、私が個人的に思っているように聖者であるのであれば、
ブルーノさんは『神の視点』で物事を見ていらしたはずだから、

神さまは善悪を知りながらも
善悪で物事を見ないで善悪ジャッジをなさらなくて
すべてゆるすため、

ブルーノ・グルーニングさんも
それをなさったということなのかなとも思ったりはします。

ブルーノ・グルーニングさんの『処世訓』には、

「私の悪との戦い!(中略)」

というお言葉があるので、
「悪、ゆるすまじ」
なのかと思ってしまうのですが、
どうも神の視点での悪との戦いは
私たちが考えているような
ファンタジー漫画やゲームにありがちな
闇の手先との勧善懲悪なバトルみたいなのとは違うようです。

まぁ、そういうわけでして、
自転車の後ろカゴカバーは
本当は盗まれたのかもしれないけれど、

「風で飛ばされたのかもしれない」思考で
なんか団地の町内会の会長さんに
盗まれたと手紙を書かないでいて、
後ろカゴカバーを買えるお金も工面できそうなので、
このままなにも言わず過ごしていき、
いずれは忘れ去りそうな気配なのですが・・・

善の思考というのはなんて
悪人に都合が良い話になる思考なのかと
そう思ってしまう出来事だったのでした。

ただ、神さまは観ていますから、
詐欺師のMさんは他界していたら
地獄の階層世界に行かされているか
自ら反省部屋に入っているかだと思いますが、

スピリチュアルヒーラーの村田のりみちさんが、

「地獄はあると思っている人がいるから
仕方なく作っているんですよ
神さまは「困った派」です」

とおっしゃっていたし、
スピリチュアルな講演会をしている
『銀座まるかん』の斎藤一人さん(高額納税1位の実業家)も、
地獄の話をされているし、

霊界の階層世界のことを伝えている
スピリチュアリズムの古典の良書の
『ベールの彼方の生活』(全4巻)にも、
地獄のような世界のことは出てきますので、

まぁ、地獄のような世界というのは
仕方なく作っているらしいですが、
あるようですからそこに行くのでしょう。
(私も死んだら地獄に行くことになりそうで
反省部屋のほうがいいなぁと思っています)

【書籍】
ベールの彼方の生活(第1巻)
『天界の低地』篇
(スピリチュアリズムの霊界通信の古典の良書だそうです)

https://www.amazon.co.jp/%E9%9C%8A%E7%95%8C%E9%80%9A%E4%BF%A1-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%BD%BC%E6%96%B9%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%80%88%E7%AC%AC1%E5%B7%BB%E3%80%89%E3%80%8C%E5%A4%A9%E7%95%8C%E3%81%AE%E4%BD%8E%E5%9C%B0%E3%80%8D%E7%AF%87-G-V-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3/dp/4806313785%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4806313785

【後日談】2016.12.25

私は今までバシャールやアシュタールの
チャネリングメッセージは
あまり取り入れないようにしてきていたのですが、
クリスマスイブの日にちょっと見てみる気になって、
警戒して用心しながらも、
ふむ、ふむ、と動画を見ていましたら、
この動画に出会いました。

【動画】
アシュタールからのメッセージ491
やったもん勝ち??

https://youtu.be/DI9LYUDP2Pc

地獄はない、閻魔さまもいない、
というようなことをおっしゃっていて、

「地獄なんてない」

というのは、

ドキュメンタリー映画
『神さまとのやくそく』

http://norio-ogikubo.info/

の中で中間生の記憶があるお子さんたちが
「地獄なんてないんだよね」
と言っていて、

真っ暗な『反省部屋』に自ら入るのだということを
おっしゃっていますが、

しかしこの記事で紹介したように、
霊界の階層世界のことを伝える
霊界通信の『ベールの彼方の生活』(全4巻)があり、
これはスピリチュアリズムの古典の良書として
世界的に信頼されているメッセージ集だとお聞きしております。

この『ベールの彼方の生活』の霊界の階層世界の話は、
丹波哲郎さんの『大霊界』という
ドラマの動画を2つか3つまで観ましたが、
死んだ人がまず集まる場所のことが出てきていて、

それが『ベールの彼方の生活』に書かれていた
『霊界の第四層にまず集まる』
という話にとても似ているなと思いました。

もしかしたら『霊界の第四層』のことが書かれていたのは
『誰にも書けなかった死後世界地図』
という本だったかもしれません。

【書籍】
誰にも書けなかった死後世界地図

https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B0%E3%82%82%E6%9B%B8%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%AD%BB%E5%BE%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%82%B9/dp/4877950621%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4877950621

【書籍】
誰にも書けなかった死後世界地図Ⅱ

https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B0%E3%82%82%E6%9B%B8%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%AD%BB%E5%BE%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3-II-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%82%B9/dp/4877950753%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4877950753

このどちらか、たしか読んだのは
青い本だったような気がするので、
2冊目のほうを読んだのかもしれませんが、
この本にも『ベールの彼方の生活』と似たような
お話が書いてありました。

霊界の階層世界は『想念の世界』
だという話も耳にしましたが、

スピリチュアルTVの番組で
千葉一人さんがダウジングの機械と
テディさんのお写真といろんな仏像らしきお写真を使って、
テディさんが11次元から12次元に移行したというのを
調べていましたから、
霊界の階層世界というのはあると思うんですけれど、

アシュタールさんやバシャールさん、
ドキュメンタリー映画『神さまとのやくそく』に
出演していたお子さんたちが、
どの次元(霊界の階層世界)に居た(居る)存在なのか
ちょっと私ではわからないので、
どれくらいの次元世界においての話をされているのかな、
なんて思ったりしますが、

アルクトゥールスやエササニという星が
どの次元世界にある星なのかによって、
アシュタールさんやバシャールさんが
ご存知であることに差が出て来るのだろうと、

これらの星の次元世界より高い次元の世界があって、
アシュタールさんやバシャールさんが
そのもっと高い次元の世界には行けないのなら、
アシュタールさんやバシャールさんが知らない
霊的世界もあるのだろうと私は思っています。

まぁとりあえず地球は
3次元から5次元に移行するとかいう、
3次元の形態をとりながら意識は5次元になるとかいう、
アセンションなるものをしているとかいう、
私には

「どーいうこっちゃ」
「3次元は物質がある世界で
5次元は非物質なのに
どういうこっちゃ
エーテル体とかアストラル体とか
メンタル体とかコーザル体とか
魂(光の核だと考えています)とかは
4次元以上の体だけど
3次元物質の巨大な鉱物の生命体の地球が
次元上昇ってどーいうこっちゃ」

な、わけわからない話があるのですが、

まぁなんか、

『自分が発した波動が返ってくる』

ということで、
私が自転車の後ろカゴカバーが
無くなっていることについて、
ブルーノ・グルーニングさんが変圧器となって流してくださる
ハイルシュトローム
(善のエネルギー。神のエネルギーそのもの)
を何日も1日中受け取り続けたことで、

「盗まれた!」思考から

「風で飛ばされたのかも・・・」思考に自然となったのは、

まぁ発する思考の波動が良いほうへ変わるので、
私にとっては良いことだということになるわけですが、

盗んだ人がいるのならその方は
ご自分の発した波動がいずれいつかご自分に返ってくるか、

死した後に自ら『反省部屋』に入るか
想念の世界らしい地獄みたいな階層世界に行き、
反省してからまた次の来世で
『カルマの清算』をする人生を
歩まれることでしょう。
(* ̄人 ̄*)

神さまはご覧になっているので
その起こしたことには未来世に渡って
『自己責任』を取らされることになりますからね。

あ、でも、
悟りを得てキネシオロジーテストの
意識レベル1000になると、
輪廻転生の輪から外れて解脱なわけで、
宇宙そのものになってしまうらしいので、
そうなると責任取らされないのかな~・・・?

私は霊能力ないし聖霊の内なる声を聴くことも
まだできないので神さまに直接アクセスして
確認することができません!

後ろカゴカバーを買い替えたら
記憶力が悪いのでそのうち私は忘れます!

めでたし、めでたし♪

関連記事
スポンサーサイト