『ポジティブ地球行・ネガティブ地球行』列車のことはなるようになる


(超長文)【加筆修正中】宇宙人のチャネリングと地球のアセンションはわざと情報取り入れていませんでした
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-2034.html

の記事で、今までなるべく近寄らないようにしていた
宇宙人チャネリングの

バシャールさんと
アシュタールさんと
さくやさん(このはなさくやひめ)

のチャネリングを
ユーチューブの『ワクワクチャンネル』さんで
警戒しながらも視聴させていただいていることを書きましたが、

地球のアセンションについてバシャールさんが、

「『ポジティブ地球行』と『ネガティブ地球行』
の列車が離れ始めました。
どちらに乗るかそろそろ決めなければいけません」

と、ポジティブ列車(統合)とネガティブ列車(分離)の
2極化のどちらを選ぶかについておっしゃっていて、

アシュタールさんは

「2極化というより多極化」

だとおっしゃっているみたいで
同じ宇宙人でも違いを言い始めたのかなと
ちょっとわからないでいます。

ただ、このバシャールさんの
『ポジティブ地球行』と『ネガティブ地球行』
の列車のどちらに乗るかを
決めなければいけないというのについて、

「これって、本当の話なの?」

とどうしても疑問があるのです。

なぜなら、日本においても他の先進国においても
もちろん貧国とか最貧国とかにおいても、

スピリチュアルなんて存在も情報も知りません とか、

スピリチュアルなんて興味ありません とか、

スピリチュアルなんて胡散臭いです とか、

スピリチュアルな情報を取り入れる暇なんてありません とか

貧国でインターネットなんて普及していません とか

貧国でスピリチュアルマガジンなんて手に入れられません とか

そういう、スピリチュアルの情報に関わっていない
立場の人たちだって地球には大勢おられるでしょ?

そういう人は『地球のアセンション』なんて
知らない可能性があって、

「『ポジティブ地球行』と『ネガティブ地球行』の
列車のどちらに乗るかそろそろ決めてください」

なんて情報、知りもしないんですよ。
そういうこの情報を知らない人たちはどうなってしまうの?

必然的に『分離』の『ネガティブ地球行』の列車に
乗ることになるの?

そして『ネガティブ地球行』に乗った人は
肉体が死んで肉体を去ったあとどうなるの?

私はできれば統合の『ポジティブ列車』に乗りたいけれど、
じゃあ私が

「ポジティブ地球行の列車に乗ります♪」

と言ってハイルシュトローム(善のエネルギー)で
感情をポジティブに向けるよう心がけていたとして、

たまに人間関係の怒りでネガティブな感情になっても
『ポジティブ地球行』の列車には乗ったままで
とにかく感情をすぐにポジティブな心にすれば問題なくて、

『ポジティブ地球行』の列車に乗り続けたら
悟りを得て自他の区別がない『統合』をするのか、

分離の象徴である肉体とエゴと
感情システムがある状態で地球上で生きる以上、
悟りを得て統合したと言っても

やっぱり分離の意識は少しは残るのかとか、
物質の肉体が光の体(ライトボディ)になって
反物質の肉体になって地球上に存在するのかとか、

そうではなく物質としての肉体を維持して
食事をしたりおやつ食べたり
家に住んだりお風呂に入ったり
洗濯をしたりお布団で寝たり

友達と遊んだり恋人とデートしたり
一人で娯楽をして遊んだり
海や山に行ったり温泉に行ったり
芸術作品を作ったりライブをしたり

なにか商品生産に関する仕事をしたり
農作物を育てたり海産物を獲ってきたり
などの生活を今まで通りし続けたりするのは
変わらないのか・・・

仕事についてはアシュタールさんのほうかしら、
「好きなことをやって遊びましょう」
みたいなメッセージを言っているけれど、

最貧国で物質に恵まれず飢餓に苦しんでいる方たちに
それ通用しないように思うんですけれど・・・

バシャールさんやアシュタールさんや
さくやさんのメッセージというのは、

先進国の人たち限定とか前提とかの
メッセージなんですかね?

そこらへんについて語っていると思われる
バシャールさんやアシュタールさんや
さくやさんの動画がまだ見つけられていません。
(誰もそういうことについてこの方々に質問なさらないの?)

岡本天明さんの『日月神示(ひふみ神示)」に
2016年以降の地球のことが言われているそうですが、
神と進化した宇宙人がいろいろ伝えて来て
これからの地球のことを乗り越えるのだということや
進化した宇宙人を騙っていろいろ言ってくる存在もいるから
気をつけよみたいなメッセージがあるらしいので、

とりあえず日月神示の解説をしてくださっているページを
また時間を作って読ませていただきますので、

とりあえずこの記事はまだ私が情報を知らない段階で
書いている考察記事だということはご了承くださいませ・・・

『ひふみ神示(日月神示)』(上巻)の超解釈
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/apocalypse8.html

『ひふみ神示(日月神示)』(下巻)の超解釈
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hifumi0201.html

日月神示全文
http://heiwatori.com/

70歳のヘルパーさんにこの話をしたら、

「光の地球とかなんとか列車とか、
そんなんは決めようが決めまいがなるようになる。
地球に生まれてきている以上、生活していかなあかんの。
仕事してお金稼いで生計を立てて生活していかなあかんの。
それは昔から変わらんの。」

とバッサリ斬られました・・・
(_ _;)ぐぅの音も出ません!

もう1人の今は亡くなってしまわれた
70代だったヘルパーさんも、

「私も若いころはさんざん悩んで考えたし本も読んだ。
だけど結局なるようにしかならんのよ。
生活していかなあかんの。
この歳になるとそれがわかるんよ。
いくら努力してみてもうまくいかんもんはうまくいかん。
なるようにしかならん、なるようになるんよ。」

心が光であれるよう
ハイルシュトローム(善のエネルギー)を受け取り続けて、
自分がやれることをやって生きるのでいいのですね。

でもまだまだ考察のためにも勉強のためにも
日月神示などの情報は取り入れてみます^^
もうこれはスピリチュアリティの勉強が
趣味の1つなんだってことなんだな^^

関連記事
スポンサーサイト