幻想世界の映写機とスライドとスクリーンの映像の例え話~スライドは脳?


先日(2017年2月中旬中)、
スピリチュアルTVのチャットで
悟りの一瞥体験を何度もされている方と
おしゃべりをしたのですが、

この地球上世界という幻想世界のことの
映写機とフィルムとスクリーンに映った映像の
例え話についての話になったのです。

この
『映写機とフィルムとスクリーンに映った映像』
の例え話ですが、
聖霊とイエス・キリストからのメッセージである
『奇跡のコース』の関連本にも
同じ例え話が書かれていて、
それはこういう話です。

゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜
男たちが山登りをしていて
山小屋で休憩を取ることにした。
山小屋に映写機と映画のフィルムと
スクリーンがあったので
男たちは西部劇の映画を観ることにした。
映画を夢中になって観ていると、
映画の登場人物がこちらに向かって銃を構えたので、
映画を観ていた男たちの1人が、
とっさに映画の中の銃を構えて来た人物を銃で撃った。
スクリーンが揺れて映像が乱れ、
男たちの一人が山小屋の電気をパッとつけた。
するとスクリーンには銃弾の穴が空いていて
ゆらゆら揺れていただけだった。
男たちは現実に引き戻されて大笑いした。
゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜

スクリーンに映った映画の世界が
私たちが顕在意識で今見ているこのセカイ。
その「このセカイ」を映画のように「観て」いるのが
あちらの世界のワンネス意識である
「ほんとうのわたし」の「こころ」

ということらしいのですが、
まぁ一瞥体験のこない私には
さっぱりこれがまだ理解できません。

さて、この映写機と映画のフィルムとスクリーンの話が出て、
私が一瞥体験を何度もされている方に言った
発言文だけを掲載します。

_____________________

斎藤一人さんが、
「心は傷つかねぇんだよ、思いが傷つくんだよ」
っておっしゃっていたけど、
「思いが傷つく」ってどういうことか
さっぱりわからなかったです。
思いってなんだろうってなっちゃいました。
______________________

映画の例えなら、映像を記録してあるスライドの
1枚1枚に傷がついたってことなのだろうけど、
どうもそれもよくわからないです。<思い
______________________

2週間前に私が時々働きに行っている
B型作業所の所長さん
(心理カウンセラーさんです。
大学で4年間心についての勉強をされています)
に私がADHDの可能性があるってお話して、
発達障害とか虐待に関する脳の障害について
少し教えていただいて、
所長さんがまとめた資料をいただいたのですが、
虐待の種類によって
脳のどこが障害を持つかが違うことがわかっていることを
教えてくださったのです。
だから「思いが傷つく」のではなく、
脳が傷つくということなら、
スライドは脳だということになるのかな、と思いました。
______________________

斎藤一人さんも、思いが傷つくの説明に、
たしか映写機とスライドの例えを話されていたような・・・
_______________________

斎藤一人さんのトラウマの説明では、
「殴られて心が傷つきました」と言う人がいる、
でも殴られても心が傷つかない人もいる。
1回殴られたら1000円あげますって言われた人が、
殴られると本当にお金がもらえると、
もっとお金が欲しいからもっと殴られて
お金をもらおうとして、
喜んで殴られちゃったりするんだよね、
どう思うかなの、みたいな説明をされておられました。
_________________________

殴られ屋 という商売をされている方がいるのを
テレビで見たことがあります。
_________________________

映写機とスライドとスクリーンの説明だと、
スクリーンに映されている映像のスライドは
初めから作られていたという、
賢者テラさんがおっしゃっている
「すべて初めから決まっている」
という話のようになり、
スライドがリアルタイムでどんどん製造されて
スクリーンに映されるということではない
ということになるのかしら・・・
___________________________

スライドの映像を観て、どのように感じるのかって、
遺伝子的性格も関係あると思うんですが、
ボクサーの内藤大助さんのお話を思い出すと、
遺伝子的性格で説明がつかないんですよね。
____________________________

ボクサーの内藤大助さんの特集を見たことがあるのですが、
内藤さんは子どもの頃、
とてもおとなしくて優しい性格て弱気だったそうで、
中学生のときだったかしら、いじめにあっていて、
それでボクシングを習い始めたそうですが、
チャンピオンになって防衛線で
亀田兄弟のどなたかと対戦したときに、
亀田さんが内藤さんの体を担ぎ上げるというルール違反をして、
そのときに内藤さんはものすごい怒りを感じて
亀田さんにつっかかっていきたいところを、
「やつと同じになってはいけない、
お前はチャンピオンなんだ」
といさめられて、こらえたそうです。
____________________________


チャットでの発言はここで終わりました。

一瞥体験を何度もされている方が
これらの発言内容にお返事をしてくださりながらの
会話だったのですが、
この私の発言はちょっと記録しておきたかったので、
ブログに掲載することにしました。

関連記事
スポンサーサイト