。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


ここのところ自分の今までの過去の人間関係を
赤ちゃんの頃から子ども時代、社会人になってから、
そして社会的弱者の立場になって
オラクルカードヒーラーのプロとして活動してみた
つい昨日とかの最近の過去のものまで、
私の人間関係と私の問題点について内観し、
疑問点が湧くといろいろ検索で調べてみています。

その中で、特にネット上でのメールやチャットや
SNSやブログコメントでのやりとりなとも含めて、

「私がコミュニケーションが苦手ということなのか?
それとも相手がコミュニケーションが苦手ということなのか?」

がわからなくなって、

「人付き合いが苦手」
「良い人間関係とは」
「利己的な人と付き合えない」
「会話が噛みあわない」

でまず検索をかけていくつかの記事を見ましたら、

最近よく聞く『コミュ障』と略して言われている
『コミュニケーション障害』というものが引っかかったり、
これに関連しているらしい『社会不安障害』というのも
引っかかりました。

会話が噛みあわないことについて
会話が噛みあわないことはどういうことかということを
わかりやすく説明してくださっている記事も
読ませていただきました。

検索でトップページに出て来た記事の中で、
この記事↓が私に当てはまるんじゃないかと思いました。

カラパイア 不思議と謎の大冒険
信用できない人を見分ける5つの方法

http://karapaia.com/archives/52233871.html

この記事に、人は産まれてすぐ、つまり赤ちゃんの時に
一番最初に発達させる感情的な絆が
『信頼感』
なのだそうです。

つまりそれは、赤ちゃんである自分と
お母さんとの関係によって最初に
『人を信頼することを覚える』
のだということだと思うんです。

で、私はその人生最初の赤ちゃんの時に、
『お母さん』との信頼関係が成り立っていなかったと考えられます。

このブログの固定記事の中に、
発達障害(ADHD)のことを書いている記事があるのですが、
そこに私は赤ちゃんの頃に母が長期入院した時に
叔母が生後数か月と思われる赤ちゃんの私の
面倒を見に来てくださったときの話を書いていまして、

「叔母と目が合わなかった」
「天井を見つめているのでガラガラを揺らしても反応しない」
「ミルクの時間になってもまったく泣かない」
「おむつがどんなに汚れていてもまったく泣かない」

という赤ちゃんだったと書きました。

私はこの話からてっきりADHDなのではと思ったのですが、
B型作業所の心理カウンセラーでもある所長さんに
そのことを話してみたら、

「赤ちゃんというのは世話をしないと
反応しなくなるんです。
しおんさんがおむつやミルクで泣いても
お母さんがすぐに世話をしてくれなくて
反応されてないで放置されていたから、
しおんさんは反応しなくなったのです。
それは、お母さんが悪い。」

ということをおっしゃっていたのですが、
母はたぶん私を産んだ時にはすでに
統合失調症だったんだと思います。

つまり赤ちゃんの私は人生最初の出だしで
「お母さんとの信頼関係が築けなかった」
ということのはずなのです。

それでも生後5か月くらいらしいのですが、
祖母に引き取られて祖母と叔父に
可愛がられたらしいのです。

なのでそこで多少の信頼関係を学ぶことが
できたかもしれません。

しかし、父が再婚してから、
優しくされることはなくなり、
怒鳴り声と体罰や虐待を含めて
厳しくされるようになったり、

5歳と8歳の時は体罰や辱めなのかで
全裸で表に放り出されたり
全裸で表を走らされたりしましたから、
そんな父と継母さんという親に対して、
「信頼関係」が築かれるはずないのです。

それでも私は
「悪人がいるのは知っているけれど人は善人」
みたいな思い込みの思考があって、
会社で不当な労働賃金で働かされていることにも気づかず、
自分の実力以上の、しかもベテランの男性が担当するような
持ち場での肉体労働で体を酷使させられたりしていて、
それでも職場やアルバイト先の人に
私への配慮もないやり方で
都合よく利用されていることにも気づいていませんでした。

でも社会人になって自活が始まってから
一人で生きていかなくてはならなくなったので、
人嫌い、人が苦手なのに人と関わろうとして、
友達を作ろうとして人と関わって
特定の個人の人たちとべったり付き合う関係に
なったりしましたが、

その友達関係もちょっとおかしいな、
この人が私のことを本当に好きなのなら、
こういうことはしないはずなのに・・・
と思うような、
悪意あることの被害に合うようなことはなくても、
なにか相手に都合よく利己的に
利用されていただけだったのではないかなぁと思うような、
そんな人間関係だったと思います。

親から虐待を受けた、つまり
暴言と暴力と全裸とか下着姿で表に放り出される、
そういう行為をされ続けたので、
私は人を怒らせるのがとても怖くて、
相手に都合の良い優しい言葉だけをかけようとして、
難を逃れようとする傾向にあります。

なぜなら、相手を怒らせたら
怒鳴られたり、肉体への暴力を
されるかもしれないからです。

殴られ慣れている、蹴られ慣れているはずなので、
実際にある程度加減された力で殴られたり
蹴られたりは実際は耐えることが
できるかもしれないのに、
怖くてたまらないのです。

友達の私への好意の言葉をそのまま信じて
付き合い続けたら、私のたった1つの行動言動によって
相手の逆鱗に触れてしまって速攻縁を切られてしまい、
人の好意なんてアテにならないことを学びました。

それゆえ、私も人付き合いに関しては、

「この人とはうまく付き合えるかな?」

と様子見をして手さぐりで相手と交流を取ってみて、
この人とは付き合えないとか、
価値観とか感性の違いがありすぎて受け入れられない時、
『住む世界が違う』
と判断して交流をお断りさせていただいたりしています。

一般的な人がなさっている、
その人の嫌なところを見ても、

「人なんだから嫌なところもある、
嫌なところがあってもいい。
良いところもあるんだから。」

と『悪いところ』を見逃して
人付き合いを続けていく、
ということが私にはできないのです。

嫌だ、と思うともう「嫌だ」なので、
「心地良くスムーズに付き合えない」
と感じたらもうその相手とは付き合えないのです。

カラパイアの上記紹介記事に、
『共感を示さない』
がありますが、これも最近、共感ができなくなってきました。

相手の心に対していくつかの心理があるなと考えて、
思いやりの言葉をかけるということは
ある程度してきましたが、
フラワーエッセンスやエネルギーヒーリングに
取り組んでいて波動の高いエネルギーを受け取って
心を癒して満たし続けることを継続していると、

ある意味の『人でなし』な心の状態になり、
それは悟りを得た人や聖人なんかは常人とは違うので、
ある意味で『人でなし』な心の境涯なのですが、
まるでそういうのみたいに一般的な人にない
『人でなし』な心の境涯になって、

自分は神さまの愛のエネルギーで
幸せな心の状態になったことで
なぜか私の場合は愛の意識が高まるのではなく、
人に『共感する心』とかがなくなってしまう、
そういう心の状態になってしまったりします。

そして会話についても、
社会的弱者なのでリアルで人に会うことはありませんが、
ネット上の2つのチャットで、
自分が発言した内容に反応してほしい気持なんかも
やっぱり少しは持っていて、
誰かとコミュニケーション取りたいなって
自分の気持ちとか近況報告とか気づいたことを
書き込んだりしているのですが、

それに対する他者の反応がなにか自分の心と
噛みあわないものであることに気づき、
他者は自分とはまったく違うセカイ(宇宙)を生きていて、
主観、価値観、世界観、感性、
輪廻転生も含めた過去の人生体験も違うのだから、
自分が思うような反応がなくても当たり前だけど、
なにか人からの反応が噛みあわないと感じて
すっきりしないもやもやした気分になってしまったり
することもあるのです。

自分の思ったような反応ではなかったとしても、
相手の言葉にこちらへの思いやりや
感心したりタメになったり勉強になったりするような
反応だったりするとまったく問題なく、

「ああ、人と関わってコミュニケーションを取ることは
すばらしいことだな」

と思うのですが、そういうこちらへのメリットが見当たらない、
なんだか噛みあわないなと感じる感性のお返事だと、

「なんだろう?
私とはコミュニケーションが取れない人なのかな?
この人とは住む世界が違うのかな?

ある程度で見切りをつけて付き合うのをやめたほうがいいのか、
それとも「世界がまるで違うんだね~」とするだけで
表面上の付き合いだけをして適当にやりとりすればいいのかな?

でもその場合、相手は私の行動言動に共感して私に好感を抱いていた場合、
相手がどんどん私のことを心の中に受け入れてしまったりして
私と相手の心の温度差の圧倒的な違いで
噛みあわない関係性にならないかな?

人ってネット上の付き合いってそんなに真剣に考えていなくて、
単に自分がちょっと楽しめればいい、
そのために相手を自分に都合よく見て利用すればいい
みたいな感じなのかな?

ネット上の人はリアルで会うわけでもないわけだし、
ネット上の相手って顔も知らないし本名も知らないし、
ちゃんとした人間関係を築けるような関係とは言えないよな・・・
顔写真観ただけとか、スカイプで声を聴いただけで、
「あ、この人は嫌」って思う場合だってあるし・・・」

と迷ってしまってとりあえず様子見でなぁなぁで
済ませるしかないかな・・・と思ったり・・・

とりあえず、私は内観法をしていって
自分の心について気づいていこうとして、
ここに心について書き記したりしていますが、

はっきり申し上げますと自分の心を信用できるかと言えば、
私自身は自分自身でも自分の心を信頼しているとは言えなくて、
そうであれば他人を信頼しているはずもないのです。

自分が
『神さまの愛と治癒のエネルギー』と
『フラワーエッセンス』で
苦しみから抜けて幸せになったから、
他の人にも心が幸せになってほしいって
やっぱり人として思うから、
神さまの愛と治癒のエネルギーを受け取り続けることでの
セルフヒーリングがとても大事なんだと伝え続けていきたいし、

心について私が気づいたことや
勉強したことがなにかをブログでお知らせすることで、
悩みがある方の心の気づきのなにかの「きっかけ」の
1つになったら社会的貢献なのかなぁって、

私は仕事もできない脳力のない社会的実力もない
まるで子どもか猫みたいな立場で生きるしかない状態なので、
ブログを書くことで社会的貢献か人への貢献になっていたら
生きていてもいいのかなぁって思ったりします。

引き続き過去の人間関係の在りかたからの
内観法を続けてみたいと思います。
また近いうちメンタルカウンセリングを受けると思います。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2017.03.07 / Top↑