。。☆゚ ゜しおんえつこのスピリチュアリティ勉強中ブログ~セルフヒーリングで心キラキラになりませんか~゜゜☆。。


2月と3月に約200分の
メンタルカウンセリングを受けたのですが、
その2回とも過去の人間関係のことで
話を聞いていただきました。

どんな話をしたかとか、ブログに記載しようにも
合計400分(2回)のメンタルカウンセリングのことなど
書けるわけもありません。

自分のことをあまりべらべらと喋るのも
よくないのかもな・・・と、
メンタルカウンセリングの内容なんて
人に聞いてもらうものでもないんだろうな・・・と、

昔の私ならそんな風に思わず
メンタルカウンセリングに内容について
一生懸命、記事を書き起こしたのでしょう。

ですが今は、友達へのメールや
ブログに日記を書こうと思っても、
パソコンの画面を立ち上げると

ふしゅるるる~~~。。。

と力が抜けてしまって書けないことが多く、
なかなか書くに至らないことが多いです。
(^^;)

今日は、ちょっと書けそうな気配なので
休憩を取りながら無理せず
いくつかの記事を掲載していこうかなと
少しやる気モードです♪

さて、メンタルカウンセリングを受ける前に、
10日ほど過去の人間関係を見つめ直して
相当、苦しいところまでいき、
過去の記憶によるあまりもの辛さの追体験に

「ため息が~♪止まら~な~い~♪」

な状態になり、
(あまりにも苦しかったので明るそうにしてみます^^)

この過去の人間関係はやはり
前世・過去世の魂の関係性を
視てもらったほうがいいのかと
霊能者やスピリチュアルカウンセラーを探してみたり、

『スピリチュアル鑑定会社』で
google検索をかけてみたら、
今、『スピリチュアル鑑定会社』で検索をかけても
ほとんどそういう鑑定会社って
引っかからないんだなということを知りました。

『占い鑑定会社』で
google検索をかけると出てきますが、
そんなに数は引っかからなかったような・・・

スピリチュアル鑑定会社って、
今は『占い鑑定会社』にカテゴリーを移したのでしょうか・・・

どうもそういう業界事情は一般客の私ではわからず、

「スピリチュアル鑑定会社で探したいんだけどなぁ」

なんて思いながら、
霊能者さんやスピリチュアルカウンセラーさんを
探してはみたものの、

お金があまりなく、10分300円の
スピリチュアルな話しができる
話し相手サービスさんを見つけたり、

20分5000円とかの
霊感・霊視ができる占い師さんを
探したりしたのですが、

顔写真やプロフィールから

「この人は良いんじゃないかな?」

と思った占い師(?)さんに
5000円という金額を支払うことに勇気が出ず、
『ライトワークス』さんのサイトに飛んで
大天使オラクルカードの無料体験を引きに行き、

「この●●さんという方の鑑定を受けます。
メッセージをください」

と訊いて引くと、GOサインが出なくて。

それで、ふっと魂の関係性を視るなら、
霊視ではなくて過去世リーディングでもいいのではと、
スピリチュアルTVで番組の司会をされている
梶岡あん子さんならどうかしらと思って、
『ライトワークス』さんのオラクルカード無料体験で
大天使オラクルカードを引いてみると、

「スピリチュアルな理解」

のカードを引いたので、

「あっ、あん子さんは大丈夫なんだ。
天使もOKなんだ。
やっぱりテディさんが目利きした方だけあるんだな。
(*@ 。@*)」

と思ったものの、
手持ちのパッと支払えるお金があん子さんの
セッション料金に届かない・・・

それで考え込んでしまったのだけど、
結局、前世とか過去世の関係を視ても、

「●●さんとはこの時代に親子でした。
あなたがお母さんで●●さんが娘でした。
あなたが早くに死んでしまったので
娘さんである●●さんはとても悲しい思いをして・・・」

とか、

「◆◆さんとはこの時代に恋人同士で
想い叶わぬ悲恋でした。
しおんさんのほうが身分が高くて
親に恋を認めてもらえず、親の決めた相手と結婚して、
だから彼は今度は女性に生まれて来て
今世でしおんさと会ったからもう離れまいと
思ったようです」

とか、そんな過去のことは出て来そうなので、
それを聴いても過去の人間関係なので
これから出会う人との人間関係が改善するということでは
ないのではないかと思い、

「私が変わらなければ私の世界は変わらない」

なので、今世のことはその人も私も
子ども時代の親との関係がとにかく心に
とても大きな影響を与えているので
心についてすごく向き合った方の
メンタルカウンセリングで十分なのではないか、

「私の心の在りかたが変われば
過去のパターンからは脱せるのではないか?」

と思い、10分300円のメンタルカウンセリングの
ある男性カウンセラーを頼ってみたのでした。

今回の過去の人間関係、
特に女性とのべったりすることになる
人間関係については、
同じ40代後半の女性のカウンセラーさんに
話を聞いてもらうのも良いのではないかと思っていますが、
とりあえすまずはいつもお願いしている
心についてすごく向き合ってきたという
男性カウンセラーさんにお願いしました。

それで、1回目のメンタルカウンセリングでも言われましたが、
私の場合はやはり他人との『境界線』が薄いということと、
『自己主張(アサーション)』ができないことが
今までの人間関係のパターンを繰り返している、
とのことでした。

その『自己主張』と『境界線』を学ぶのに
どんな本を読まれたかをお訊ねすると、

改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために
https://www.amazon.co.jp/%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88-%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E2%80%95%E3%81%95%E3%82%8F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%80%88%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%80%89%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E5%B9%B3%E6%9C%A8-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/4931317154?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=blog-goo-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4931317154

境界線(バウンダリーズ)
https://www.amazon.co.jp/%E5%A2%83%E7%95%8C%E7%B7%9A-%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89/dp/4901634089%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4901634089

この2冊を教えていただきまして、
アサーション(自己主張)については、

マンガでやさしくわかるアサーション
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%81%A7%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%B9%B3%E6%9C%A8-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/4820719289%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4820719289

という本がありましたので、
アサーション(自己主張)については
まずこのマンガのを読みたいなと思いました。

ただ今回、2週間くらいかけて
過去の人間関係を見直していって、
男性の支配欲や女性の我儘についてとか、
べったりすることになった女性との人間関係で、

「母親の愛を求められていたのではないか?」

とどうしても自分の顔が観音像みたいな顔だったり、
体が一般的な女性たちより大きいことから、

「お母さん」(聖なる母の愛、母性愛)
を求められやすいのではないか、
という考えにどうしても行きつくので、

「お母さん代わりにされる」
「母親代わりにされる」
「人は母親の愛を一生求める」

などで検索をかけて、
固定記事でご紹介した、

母親から愛されなかった人がなる心の病の、

『きずな喪失症候群』
『自己愛性人格障害』


を知り、心理学者で哲学者の加藤諦三さんを知り、
『テレフォン人生相談』の動画を集中的に見て、

そこから

『メサイア・コンプレックス』
(救世主コンプレックス)


も知り、

【書籍】「あなたを傷つける人」の心理 きずな喪失症候群
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%82%92%E5%82%B7%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86-%E3%81%8D%E3%81%9A%E3%81%AA%E5%96%AA%E5%A4%B1%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4-PHP%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8A%A0%E8%97%A4%E8%AB%A6%E4%B8%89-ebook/dp/B00799UAVO%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00799UAVO

【書籍】がんばっているのに愛されない人 ナルシシズムと依存心の心理学
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%81%A8%E4%BE%9D%E5%AD%98%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E8%AB%A6%E4%B8%89/dp/4569817203%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4569817203

【書籍】だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%82%82%E3%80%8C%E3%81%84%E3%81%84%E9%A1%94%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%86%E4%BA%BA-%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E8%AB%A6%E4%B8%89/dp/4569691110%3FSubscriptionId%3DAKIAIRNYLEHVWKXBWIKA%26tag%3Dblog-goo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4569691110

加藤諦三さんのこの3冊のご著書を
まず注文させていただきまして、
届くのを待っているところです。

ところで、『きずな喪失症候群』の本は
2017年3月17日だったかしら、
近所の書店に探しに行きましたが在庫がなくて、
店員さんに取り寄せをお願いしようとしたら、
25日にならないと入ってこないとのことで、
結局Amazonさんで注文することになりました。

が・・・この本が人気があるんだと
お店の人に伝わったなら、
加藤諦三さんのご本を仕入れてくださる
きっかけになるかもしれません♪

『きずな喪失症候群』の本は、
googleで検索したら
中身がちょっと読めるページを
見つけたりしましたが、

「お母さんから愛されなかった」

と感じている人は多いと思います、
このブログのトップページから固定してある
いくつもの『固定記事』の中に、
これに関する記事を書いているので、
良かったら目を通していただければと思います。

母親から愛されなかったことによる
インナーチャイルドの癒しができる
フラワーエッセンスについて、
その『固定記事』に記載しております。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2017.03.22 / Top↑