大天使ラファエルさまのエネルギーで目がタレ目に!「優しい」と「厳しい」のエネルギーの両方が必要なようです♪

※この記事に出てくるブルーノ・グルーニング交友会とはドイツ非営利社団法人で宗教団体ではありません


昨日、2年前とつい先日に
ある既婚男性にされたことについて
書いて文句を言いましたが、

そのことで先日の水曜日の夜は1晩中悩んで眠れず、
木曜日に友達にメールで相談して
次の日金曜日から土曜日の昼間まで丸1日爆睡し、

土曜日に起きてから霊的エネルギーチャージを
時間を取ってしていたのですが、
霊的エネルギーチャージが足りていなかったようで、

日曜日の夕方にスーパーに買い物に行くとき、
自転車に乗って漕いでいても、
なんというか人に対しての
「怖れ」「恐怖」のようなものをすごく感じ、

1点凝視みたいな感じで自転車を漕いでスーパーに到着すると、
もう、心の境涯が『人』というか『男性』に対しての
『怖れ』の気持ちでいっぱいでした。

(これは、まずい状態になっているな^^; )

と思ってとにかく必要な物を買って
1点凝視法みたいな感じで自転車を漕いで帰って来てから、

(やっぱり、大天使ミカエルさまにも
集中的にエネルギーを流していただこう。
聖なる愛の光の存在のみなさまがた、
ブルーノ・グルーニングさんにもお願いしよう・・・)

と思い、すぐにお布団の上に足を伸ばして座って、
大天使ミカエルさまと大天使ラファエルさまと、
イエスさま、聖母マリアさま、マグダラのマリアさま、
マザー・テレサさま、お釈迦さま、観世音菩薩さま、
そしてブルーノ・グルーニングさんと
聖なる愛の光の存在のすべてのみなさまがたに呼びかけて、

事情を説明して、自分だけでなく相手の方や
あの集まりの場にいらっしゃっている方々と私に
神さまの愛と治癒のエネルギーを
集中的に1時間流していただいてお礼を申し上げ、

それ以降の時間は、

「今からインターネットをやるので
その間、引き続き私に神さまの愛と治癒のエネルギーを
流していてくださいませ」

と、有本紀(ありもととし)さんの
愛の周波数528Hzの
ピアノヒーリング音楽動画を再生させ続けたり、
ソルフェジオ周波数のお気に入りの音声動画が
自動的に再生されたりして、

一晩中起きていろいろやっていたら、
人への「怖れ」、特に男性への「恐怖」の
心の境涯から抜けられたようで、
だいぶ霊的エネルギーチャージができたようでした。
(*^_^*)

ここから先は固定記事の中に書いた
『ブルーノ・グルーニング交友会の友の方もスピリチュアリズムを学んでくださいませ』
と同じ文章です。

゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜

ずっとブルーノ・グルーニングさんにはお願いしないで
大天使ラファエルさまのエネルギーを
集中的に受け取っていて
ブルーノ・グルーニングさんには
お休みしていただいていたのですが、

やはり、ブルーノ・グルーニングさんにお願いすると、
安心感というものがあります。

今ちょっとブログ記事をいろいろ更新するために
ブルーノ・グルーニング交友会の
お気に入りのクラシック音楽CDを
久しぶりに再生させているのですが、
やはり美しいオリジナルクラシック音楽だなと思います♪
(*^^*)

私がブルーノ・グルーニングさんに
しばらくお休みしていただいて、
大天使ラファエルさまのエネルギーを
集中的に受け取っていたのは、

ブルーノ・グルーニングさんに
お願いするようになってから、
ことあるごとにブルーノさんを呼んで
話しかけたりお願いしたりするようになって、

それで私が心の中で一番にしている、
イエスさまと聖母マリアさまのことを
一番に想いださなくなってしまうことが、
私の心の中で葛藤となっていたからなのです。

大天使ラファエルさまにエネルギーチャージを
お願いするようになってしばらくしてから、
ブルーノさんをあまり呼ばないようになって、
イエスさまとマリアさまに一番に心が向くようになったのです。

ただ、イエスさまにお願いしても
エネルギーを流していただけていないみたいだ
ということを体験したことがあり、

私がブルーノ・グルーニングさんの交友会に入門して
(ドイツ非営利社団法人で宗教団体ではありません)
ブルーノさんの元に配属したということで、
イエスさまは私のことをブルーノ・グルーニングさんに
まかせることにした、ということなのかなと、
そんな風に思うしかありませんでした。

もちろん、『霊団』のことも気にしました。
高級霊シルバーバーチとの50年に渡る降霊会の記録書の
『シルバーバーチの霊訓』にも、
『ホワイト・イーグル霊言集』にも、
たしか『インペレーターの霊訓』にもだったと思うけれど、
『霊団』のことを高級霊シルバーバーチさんも
高級霊ホワイト・イーグルさんも語っておられて、

それについて『霊団』で検索をかけたら
やはり『シルバーバーチの霊訓』を普及させている
『スピリチュアリズム普及協会』さんのページが引っかかりました。

(2)霊界からの協力者≪2≫
http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/about_sp/sp-thought2/sp-thought2-6/sp-thought2-6-02.htm

シルバーバーチさんが神さまの人類救済計画で
地球に降りて霊的真理を地球で生きる人たちに伝える
お役目を賜った時に、霊媒となるバーバネルさんの魂と契約し、
時期が来たらバーバネルさんが霊媒となる約束になった時、
霊団が組まれた話を高級霊シルバーバーチが降霊会で語っておられ、
その口述が『シルバーバーチの霊訓』全12巻の中の
どこかの個所で書かれていたのを覚えていて、

『ホワイト・イーグル霊言集』の
高級霊ホワイト・イーグルさんも
『霊団』についてのことを語っている箇所があるのです。

『シルバーバーチの霊訓』とは
http://www5a.biglobe.ne.jp/spk/about_sb/index.htm

スピリチュアリズム・ブックス
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/
(スピリチュアリズく関連良書の全文掲載サイト。
『シルバーバーチの霊訓』などスピリチュアリズムの
古典の良書が無料で読めます。
宗教団体の信者に騙されないためにご一読なさるといいと思います。)


だからブルーノ・グルーニングさんが産まれて来る時も
ブルーノ・グルーニングさん専属の霊団があるはずで、
ブルーノ・グルーニング交友会が立ち上がった時にも
ブルーノ・グルーニング交友会のための霊団ができているはずで、

霊的なことについてブルーノ・グルーニングさんは
なにかおっしゃっていたかについて
交友会側に問い合わせたけれど、
ブルーノ・グルーニングさんは霊的なことに関しては
なにもおっしゃっていないのだと交友会側からお返事があり、

ブルーノ・グルーニングさんは自分をサポートする
霊団というものがあるということについて
何もおっしゃっていないので、
交友会側に問い合わせても
ブルーノさんが言葉を残していないことは
「ない」ものと交友会側はしますので、

ブルーノ・グルーニングさんには霊団というものはない、
と交友会側には言われるだけなのです。

ですが私はブルーノさんには霊団があるだろうと踏んでいます。
だから私がブルーノ・グルーニング交友会に入門して
ブルーノさんに属する者となる(?)ことで
ブルーノ・グルーニングさんの霊団に所属するものとなり、
イエスさまと聖母マリアさまの配下の者とならなくなった、
ということが考えられるな・・・と、
そんな風に思っています。

これは、交友会側に霊団についてお訊きしても、
「そんなのはありません」
のお返事しか返ってこないことなので、
『シルバーバーチの霊訓』を読んで
スピリチュアリティの知識を身につけてくださいませね、
の世界の話なのです。

ブルーノ・グルーニング交友会の国リーダーは

「ブルーノ・グルーニングさんの教えを学んでいれば
他のスピリチュアリティの知識を勉強する必要はない」

と強く何度も伝えておられますが、

それは違います、なぜなら、
国リーダーご自身がちゃんとこの世界の霊的真理である
スピリチュアリズムの知識がないために、

1日のあらゆること、なんでもかんでも
ブルーノ・グルーニングさんにお願いして
神さまに助けていただくということを
友のみなさんに推奨されていて、
現世利益主義になっているという
とんでもない間違いなことをなさっているからです。

それがどうしてとんでもない間違いなのかは、

(2)霊界からの協力者≪2≫
http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/about_sp/sp-thought2/sp-thought2-6/sp-thought2-6-02.htm

上記ページの
(4)背後霊に対する大きな裏切り――“霊能者の堕落”
までをお読みくださればわかると思います。

こういう地球に課せられている霊的設定などの
霊的知識をブルーノ・グルーニングさんは言い残さなくて、
交友会の国リーダーは霊的真理を知らないため、
現世利益主義に走ってそれを友のみなさんに推奨するという
とんでもない間違いをしているのです。

ある交友会の入門者の友のカウンセラーの方が、やはり
『シルバーバーチの霊訓』や
『ホワイト・イーグル霊言集』など
スピリチュアリズムをちゃんと学んでおられて、
大元教の出口王仁三郎さんのこともご存じで、
キリスト教の聖書も勉強しておられて、
いろいろスピリチュアリティの知識を学んでおられる方に、

この交友会の国リーダーがなんでもかんでも
1日のあらゆることをブルーノさんに
お願いしているのだと伝えたら、

「ええ~?そんなことしているの?」
「神さまにお願いしなくても必要なことはちゃんと叶えてくれるよ」

と私と同じことを思っていらっしゃったのですが、
このスピリチュアリズムの霊的知識を知っているか知らないかで、
かなり違うのです。

もしかしたら、これは私の勝手な憶測にしか過ぎませんが、
ブルーノ・グルーニングさんはイギリスで
高級霊シルバーバーチがスピリチュアリズムを伝えること、
それが世界中に広まることをご存じだったから、
ブルーノ・グルーニングさんご自身は
スピリチュアリズムの霊的真理を語ることは
なかったのかもしれないのです。

交友会の入門者の友の方々、
交友会の国リーダーはブルーノ・グルーニングさんの教えには
精通していらっしゃいますが、
他のスピリチュアリティの知識を学んでいる暇のない方です。

それゆえ、ブルーノ・グルーニングさんの教えを学んでいれば
他のスピリチュアリティの知識は必要ないと
間違ったことを伝えてしまうのです。

『他』のことを否定するのならば
その『他』のことをよく知っていなければ
その『他』のことを知っている者には通用しないので、

その『他』のことを知っていないうちから
「学ぶ必要はない」
と『否定』するのはおかしな話なのです。

死ぬ時に自分が『幸福の境涯』で死んで行けたら
『その心の様相に合った世界に行く』
ということが最近のスピリチュアリティで言われていて、
とても人間に都合のよい情報が広まっているのですが、

ちゃんとスピリチュアリズムの勉強を
していないからそんなことを言うのです。

中間生の記憶を持つ子どもたちが
産まれて来る前のことを語っている
ドキュメンタリー映画
『かみさまとのやくそく』
では、人生で後悔したことがあると
真っ暗な『反省部屋』に入るということを言っていますし、

産まれてくる前に天国にいらしたという
スピリチュアルヒーラーの村田のりみちさんも
中間生の記憶を持っていらして、

「神さまが
 「地獄を望む方たちがいるので
  仕方なく地獄を作っています」
神さまは困った派なんですよ」

と、仕方なく神さまが作ったという
『地獄』があることをスピリチュアルTVにご出演されて
伝えておられます。

つまり、現世利益ばかり得て満足して
「自分の心は幸福だ」
という幸福の境涯になっている人は、
交友会の国リーダーが伝えているように

「自分の心が幸福なら天国に行く」

というわけではなく、
ちゃんと生前に後悔を残しているものがあれば
『反省部屋』なり『地獄』には行かされるし、

出口王仁三郎さんが救世主としての修行のために
霊界に修行に行かれた時に
閻魔様にお会いしていて、
肉体を去ってあの世に来た方が
閻魔様に罪状を述べられて

「お前はどこどこの世界へ行きなさい」

と言われているのを目の当たりにしておられるし、

『ベールの彼方の生活』でも
肉体を去った人はまず霊界の第四層に集まり、
そこから指導者たちに

「あなたはどこどこの世界に行きなさい」

と言われてその世界へ行くことが
高級霊からの霊界通信によって伝えられています。

つまり、自分が物欲をさんざん満たして
幸福の心の境涯で肉体を去ったからと言って、
必ずしもすぐに『天国行き』というわけではないはずです。

『シルバーバーチの霊訓』などの
スピリチュアリズムの古典の良書につづられた
霊界通信の降霊会の記録書は、
神さまの人類救済計画により地上に伝えられたものです。

どうぞご自分で上記でご紹介した
『スピリチュアリズム普及協会』さんの
スピリチュアリズムの古典の良書を
お学びくださいませ。

交友会の国リーダーが「学ぶ必要がない」と
おっしゃったからと、
「はいそうですか」
となるのはたいへん危ういことにつながります。

どうぞこの地球に課せられた霊的真理(地球ルール)を
お学びになられてくださいませ。

現世利益ばかり与える存在は悪霊や悪魔だという
そういう話もご神示などの霊的な書の世界にはあるんですよ。

おそらく『ひふみ神示(日月神示)』ではないかと思います。

日月神示全文
http://heiwatori.com/
(私はまだちろちろっとしか読んでいませんが)

霊性進化の道―スピリチュアリズム
http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/index.htm

霊界も事情が変わってきているとのことで、
『シルバーバーチの霊訓』は情報が古いとも言われていますが、
基本の書です。

何度も読み込む必要がある50年に渡る降霊会の記録書です。


それから、私はブログの固定記事の中に、

宗教団体の妄信的な信者さんは独特な上まぶたをしています
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-2032.html

という記事を掲載していますが、
「あの方」にお会いしたことがある方は、
目の印象に違和感を感じたはずですよ。
あれは老化とかではありませんよ。

現世利益ばかり求めるようになったので
低級霊か低級な動物霊が憑いている可能性が高いのですよ。

本当の幸福とは、物欲などを満たすことではない、
神の愛のエネルギーで自分がとてもエネルギーチャージされて
心の傷が癒され心の欠乏がなくなり満たされてくると、
物欲などはあまりなくなり、エゴが薄まり、
現世利益をあまり求めなくなるのです。

思考しただけで願いが叶うようになってくるのです。
だからわざわざ神さまや
ブルーノ・グルーニングさんにお願いしなくても、
神さまはすべて「私(あなた)」のことを見ていらして、
「あなたに本当に必要なもの」は与えてくれるのです。

間違えないでください、物欲や三大欲求や安全欲求を満たして
心が幸福になったと思っているうちはまだまだなのです。

イエスさまもお釈迦さまもホームレスでした。
彼らは服はボロボロだったし、
自分のものは何一つ持っていなかった。
それでも彼らの心は幸福の境涯で生きたのです。

イエスさまは磔にはなりたくなかったので
『ゲッセマネの祈り』をされていますが・・・
ブルーノ・グルーニングさんも晩年は
肉体の内部が焼けただれて痛かったのでしょう、
人々の行いにもだと思いますが、
お辛いお顔をされている写真が残っていますね・・・

関連記事
スポンサーサイト