イライラを人にぶつけている人、あなたの心に神さまが音楽で想いをお語りなる2つの動画をご紹介します


相手のちょっとした発言や行動を
自分の病んだ心の歪んだ物の見方で観て解釈して
イライラして周囲にすぐそのイライラをぶつける人は
このパイプオルガンの演奏を聴いてごらんなさい。

【音楽動画】パイプオルガン演奏
Toccata and Fugue in D Minor (Best Version Ever)

https://www.youtube.com/watch?v=ho9rZjlsyYY&spfreload=5

昔の人はパイプオルガンに神を感じていたそうです。

この演奏を聴くと、

ちょっとした相手の行動言動に
イライラしてイライラを人にぶつけている
自分自身のほうに問題がないか、
ほんとに自分は間違っていないのか、

というほうに意識が向いてくるんじゃないかなって思います。

自分が社会通念上の良識・常識、
超常識の愛の物の見方ができて、
誰が聴いても、ほとんどの人が
あなたに正当性があるっていう
言い分が言えるなら、
怒りをもって言ってもいいと思います。

ただ、自分にしか通用しない
個の主観・価値観・世界観で
歪んだ物の見方しかできず、
相手の発言をきちんと
良識・常識・超常識の愛の視点で
解釈することができていない上で
怒りをもって相手に怒りをぶつけたって、
相手から嫌われて見切りをつけられて
自分からさっと離れていき
誰もあなたの周りにいなくなるだけなんですよ。

ちょっとしたことでイライラをぶつけてくる
あなたのことがもう嫌になっているのに
あなたから離れて行かない人、
あなたから離れていけない人は、
ひとりぼっちで孤独で寂しいから、
あなたと離れると孤独になってしまうと
怖れているから
あなたから離れて行けないでいるだけで
あなたのことを好きでも大切でもないんですよ。

あなたがちょっとしたことで
歪んだ物の見方で相手を見て
すぐにイライラするのは、
あなたに誰も社会通念上の
良識・常識や人としての正当性のある
物の見方を教えてくださる方がいなくて、

そして、

あなたが神さまの愛と治癒のエネルギーを
毎日たっぷりと受け取って
自分の心の傷を癒して満たして
感情を善に向けられていないからですよ。

歪んだ物の見方じゃなくて
正当性の他者に通用する物の見方で
怒る必要がある場合は、
怒ってもいいんですよ。

自分が怒っているんだということが
相手にわかっていないことで
相手が図に乗ってきている場合は、
怒りの姿勢を見せることも必要なんだということ
私は人生46年目にして行き着きました。

世の中には体が大人になっているだけで
年齢を重ねているだけで
心の中身が幼稚園児や第二次反抗期の
子どもみたいな
心が大人になれなかった
アダルトチルドレンがたくさんいるんです。

それは、両親が共働きで忙しかったり
両親が人や子どもを愛せる心を持っていなくて
親に愛してもらえないで心を育ててもらえなかった人が
そうなってしまうようですね。

私を愛してくださったのは
肉親や継母さんではなくて
神さまだったんですね。
自然の中に神さまを見たんです。

そして私の心を育ててくださったのが、
漫画家さんの漫画です。

1970年代から1999年まで、
2000冊くらい漫画を読みましたよ。

漫画家さんたちが
いろんなシチュエーションで見せてくださる
人の心、心理、物の考え方、人というものを見るように
漫画を読み続けていました。
そして心について深く深く考え続ける毎日でした。

漫画家さんの漫画や小説家さんの小説で
人の心というもの、人生というもの、
それらを学んでこなかった人たちは、
自分だけの個の世界の他者に通用しない
主観・価値観・世界観だけで
物事を観ることしかできなくて、

それゆえに
相手の世界、周囲の人たちの世界の中で
自分が通用しなくて、
人が自分から離れて行ってしまって
孤独になってしまうんですよ。

でも、じゃあ自分という個人を見ていない
自分という人間に都合の良いものを見て
自分からただ与えてもらって満足したいだけという
そういう相手たちと一緒にいれば、
孤独じゃないのかというとそうじゃない。

一人で過ごしている時間が多くたって、
心が満たされていて幸福状態なら
別にいいんです。

だって、たくさんの人が寄って来て
自分に群がり続けて
その人たちの相手をし続けるということは、

自分が学びたいことを勉強する時間が持てない、
自分がやりたいと思っていることに時間を割けない、
ということですからね。

誰かと一緒に時を過ごすのが好き、
そういう人生を歩みたい、という人なら
それがその人の幸せ。

一人で過ごして自分のやりたいことをやりたい、
ということなら、それがその人の幸せ。
相手がそういう人なら、自分は
「かまってちゃん」
「相手してほしい」
と相手のプライベートの時間の領域に
しょっちゅう踏み込んでいかないで
別の人と楽しい時を過ごせばいい。

ちょっと話がズレだけど、
私は古い世代の魂で古い価値観の人間だから、
『スターチルドレン』の人たちとは世界観が違いすぎて
異世界住人同士のようなものなので
話が噛み合わなくて付き合えないんですよ。

私は古い世代の魂の人たちの中で
『(徹底的)な聖職者の魂』を持つ人の中で、
私と持っている星の配置の相性がよかったり
価値観や世界観が似ているとか
「相性が合う」とか「ウマが合う」とか
「無理なくスムーズに付き合える」とか
「何時間でも話せる」というような、
そういう厳選された人としか私は関われないのです。

『スターチルドレン』の人たちが
古い世代の魂の価値観の人が
どんなことを考えているのかを
知りたいということなら、
私のブログやポジティブやネガティブの記事を読んだり、
古い世代の魂の人たちのブログの日記を読めばいいけれど、

私は『スターチルドレン』の人たちの
あまりにも私と噛み合わない世界観は、
自分の中に取り入れないですよ。

ずいぶん話が違うとこまで行ってしまったけど、
自分と言う個の主観・価値観・世界観での
物の見方が歪んだ物の見方で
正当性もない主張をして
すぐに相手にイライラをぶつけたり
イライラし続けているのなら、
神に触れて神の愛を取り込むことですね。

もう1つ、イライラしている時に
神さまに触れられるものを紹介しますね。

神楽 浦安の舞
https://www.youtube.com/watch?v=HCYzU4mUGic

いかがですか?
イライラしている自分の心に、

「神聖さ」「厳かさ」「平穏さ」
「静けさ」「平和」「落ち着き」「心地よさ」

の心、感覚が現れてきませんでしたか?

イライラして波動が低くなっている時に
ハードロックのような心を荒れさせるものや
デスメタルのようなネガティブエネルギーのものを
自分のエネルギーフィールドに取り込んだって
心安らかになって心が善には向かわないのですよ。

私も怒るときは怒りの姿勢を
見せるようにし始めましたけどね。
相手は私を優しい人だと、攻撃しない人だと
勘違いして図に乗ってくるので、
もうそれをすることが必要だというところに
行き着きましたけど、
エネルギーヒーリングで『神の治癒』をして
神の愛の波動があるこういうものを見たり聴いたりして
心を整えているんですよ。

関連記事
スポンサーサイト