ペナルティで足のつりの治癒をしていただけなくて『内なる神』が治癒してくださいました


先日、2つの記事に私が書いた、
私にひどいことをしたジャイアンな人たちに対する、
人生よんじゅううんねんめにして抱いた

「地獄の鞭うんぬん、
滅びの火うんぬん」

という言葉が
聖なる存在に邪悪と認定されたようで、
ペナルティくらいましたということを、

その2つの記事の
「地獄うんぬん、滅びの火うんぬん」
の文章を削除してそのスペースに書いて、
修正することをいたしました。
(>_<)

どういうペナルティをくらったかというと、
昨日、ほんとに久しぶりに猫保護施設に出かけて、
帰宅したら弱りきっている足が
私のためにがんばりすぎて酷使したことで悲鳴をあげて、
足がつりはじめたので、

ブルーノ・グルーニングさんに治癒をお願いしたら、
1回はすぐに治癒してくださったのですが、
2回目は治癒してくださらなかったので、

大天使ラファエルさまに足のつりの治癒をお願いしたら、
一切治癒してくださらなかったので、
ペナルティだとわかりました。

そのため、『マーフィーの法則』の
潜在意識の活用の祈り言葉の繰り返しで、
内なる神さまにお願いしましたら、
お目こぼしをいただけて、
足のつりと足の疲労の治癒を
していただけました。

私の中で、

「そうか、この間の霊的バトルと、
先日の邪悪な言葉によって、
頭上の観音様は去って行ったろうし、
肩の上の紫色のたくさんの天使たちと、
たくさん散らばっているという金色の十字架は、
いなくなってしまったろうと思いました。

そしてスピリチュアルカウンセラーさんは、

「しおんさんは神さまにとてもとても愛されている人です」

と言われていたけど、
邪悪になったので普通扱いになっていることでしょう。

創造主さまは特別に誰かを愛することはなく、
みんな同じく愛しているとお聞きしています。
神さまには私たちが1つの大きな光に見えていて、
分離してはいないという風に見えている、
とのことを耳にしたことがあります。

世の中には悪なことを考えたりすることがある人は
たくさんいるはずですのに、
私がちょっとばかし邪悪なことを考えたら
ペナルティ来ましたので、

「私は何者なんだろう・・・
いったい霊的に何を課せられているんだろう・・・」

と思いました。

そして、ブルーノ・グルーニングさんも
大天使ラファエルさまも足のつりの治癒を
してくださらなくて、
『マーフィーの法則』の祈り言葉で
『内なる神』が助けてくださったことで、

「そうか、天使とか聖者とかは
個別意識を持っている存在で
自分の『外』の存在とも言えるから、
『外』の存在に頼るのじゃなくて、
自分の『内』の『内なる神』を頼るほうが
自分を拠り所にするってことなのかも・・・
お釈迦さまも自分の内にある『仏性』を
拠り所にすることをおっしゃっていたみたいだし・・・」

と思いました。

正直なところ、

「もう天使とか頼っちゃダメだ。」

と思ったものの、霊能力がないから
オラクルカードを引いたり
エンジェルナンバーを調べたりするの
するだろうなと思いました・・・

ただ、なんかもう、
信頼して天使さまやブルーノ・グルーニングさんに
お願いすることはあまりできないような気持になっていて、
『マーフィーの法則』の祈り言葉の繰り返しで
潜在意識の活用で『内なる神』にお願いして
エネルギーチャージをしていただいたり、
お願いしたりがよさそうな気がしています・・・
(´・ω・`)

関連記事
スポンサーサイト