内なる神とブルーノ・グルーニングさんへのお祈りで2か月前にコンビニに置き忘れた契約書の原本が丁寧なお掃除で出てきて手元に戻りました♪


実はつい先日の2017年7月8日(土)に、市営住宅の契約書の原本を失くしていることに気づいたのです。

私が終身契約している、高齢者・障害者の就労支援をしているNPO団体の私担当の職員さんが私が住んでいる市営住宅のお部屋の保証人をしてくださっているのですが、その職員さんから市営住宅の契約書の控えがないから原本のコピーを送ってくださいと言われまして、

市営住宅の契約書のコピーをコンビニに取りにいったのが2017年5月19日前後の日なのですが、

「契約書だから忘れ置きしないように気をつけなくちゃ。」

ととにかくこれを何回も思ってコピーを取り、原本もコピーもちゃんとお封筒に入れたことを確認して帰宅し、そのままお封筒をカバンの中に入れたまま、契約書を送付しないでいて、催促のお手紙が来たので慌ててカバンからお封筒を取り出して契約書と関連書類の原本とそのコピーを取り出したところ・・・

契約書の原本がなかったのです!
( ̄O ̄|||)

コピーを取ったのは今から約2か月前の2017年5月19日前後なわけです。

慌ててコンビニにすっ飛んで言ってコピーを見せて、

「これと同じものがコピーの忘れ物にありませんでしたか?
5月の下旬くらいです。」

と言ったら、対応してくださった店員さんが、その場でいくつかのコピーの忘れもの書類を保管するファイルや箱を調べてくださったけど見つからず、しかし店員さんは、

「市営住宅の契約書の忘れ物、僕見た記憶があるんですよね。
でもコピーの忘れ物はほんとに多いんですよ。
免許証を忘れていかれたりとかする方もいるくらいで。
あとで時間をかけて探してみます。」

とおっしゃって、私は市営住宅の契約書を見たという記憶がそうだといいなと思いつつ、人の記憶はあやふやなのでどうかわからないと思いつつも、

「市営住宅の契約書は再発行ができないんです。
なので探していただきたく、よろしくお願いいたします。」

と、連絡先をいらないレシートの裏に書いて帰宅しました。

そしてすぐにNPO団体の私の担当の方に電話をして報告しましたら、担当の方は

「私の個人情報だけなのでいいですよ。」

とおっしゃるので、しかしハンコが実印なのではないか、勝手にハンコを複製されて変な契約に使われていたらと言ったら、担当の方は、

「ああ、大丈夫です大丈夫です。
とにかくご連絡ありがとうございました。」

とのことで許してくださったのですが、すぐに警察にも電話をし、落とし物の届け出をしていただきました。

で、もう、市営住宅の契約書の原本じゃないですか、だからもう、

「どうしましょう~(@▽@;)」

と焦るような思考があるわりにはなんだかすごく落ち着いていて、

「そうだ、『マーフィーの法則』の潜在意識(内なる神)への祈り言葉と、ブルーノ・グルーニングさんにもこのことをお願いしましょう。」

とすぐに思い、寝転がってリラックスしてから、

「神さま、いつもありがとうございます。
神さまの愛の川の流れが私を貫き、私は幸福でいられます。
神さま、市営住宅の契約書の原本を私の手元に戻してくださりましてありがとうございます。
感謝いたします。」

「ブルーノ・グルーニングさん、市営住宅の契約書の原本をうっかりコンビニに忘れてきてしまいました。
コピー機に置いたままにしてしまったのだと思います。
あんなに契約書だから忘れ置きしてはいけないと何度も考えて気をつけていたのですが・・・
どうか契約書の原本が見つかりますよう、助けてください。
お願いします。
ありがとうございます。」

とブルーノ・グルーニングさんにもお願いし、潜在意識(内なる神)への祈り言葉は3回くらいだと思いますが、祈っておきました。

次の日の2017年7月9日(日)の8時30分頃に、コンビニの店員さんから留守電が入っていました。

なんと、

「●●店の●●です。
昨日の夜、掃除をしていたら市営住宅の契約書が見つかりました。
いつでも好きな時間に来ていただければ、お渡しできるようにしておきますので
よろしくお願いいたします。」

とのことで、夕方に取りにいきましたら、昨日ご対応してくださった店員さんとは別のご年配の店員さんが出してきてくださいまして、

「契約書は大事な物ですので、フルネームをお願いします。」

とフルネームを訊かれまして契約書のコピーを見せながらフルネームを言いますと契約書の原本を手渡してくださり、中身を見て確認したら確かに間違いなく私の市営住宅の契約書の原本でした。

そのご年配の店員さんが、

「毎日夜に丁寧に掃除をするんですよ。
(と拭き掃除のしぐさをなさいました)
そしたら出て来たんです。」

とおっしゃるので、きっとコピー機の周りとかコピー機の隣の本棚の下とかをほうきで掃いたり、窓ガラスを拭くためにコピー機やその隣の本棚を動かして後ろに入っていたりしたら出て来たんだろうなと思ったので、詳しく突っ込むことはせず、

「そうなんですね^^
2か月は前なのに見つかってほんとによかったです。
本当にありがとうございました。」

とお辞儀をして帰宅しました。

しかし、不思議なことです。
コピー機の忘れ物書類の書類箱やファイルから見つかったのではなく、

「丁寧に掃除をしていたら出て来た」

なんですもん・・・

置き忘れたのは2か月前の2017年5月19日前後なのに、
毎日丁寧に掃除しているのにその2か月ずっと出てこなくて、
探していただくお願いをして潜在意識(内なる神さま)やブルーノ・グルーニングさんにお願いのお祈りをしたその夜に丁寧な掃除で見つかった、なんですもん・・・

まるで潜在意識(内なる神)さまやブルーノ・グルーニングさんにお願いしたことによって、他の所にあった契約書の原本が、ほうきで掃くとかしたら見つかるように、そこにポンと現れるという物質移動みたいに思えるんですが・・・

ちなみに、ある他地域の友の奇跡体験談で、外の別の場所で失くしたある小さな物をブルーノ・グルーニングさんに見つかるようお願いしておいたら、家の門の前だったかに落ちていて見つかったという体験談をお聞きしたことがあり、ほんとに別の場所で落としたはずなのにとのことだったので、私の市営住宅の契約書の原本も、

物品移動した

可能性があるんじゃないかと思いました。

神さまは万能なので物品移動くらいたやすいものなんだもん♪

それで帰宅してすぐに神棚に手を合わせて神さまとブルーノ・グルーニングさんにお礼を申し上げました。

そういえば、何年か前に放送していた、スピリチュアル番組『オーラの泉』で、上原さくらさんが高校生の時に、帰りにかばんの手提げ部分に手をグーにして片手を通してパッとカバンを持ち上げたら、

グーにした手の中になにかがあるのに気づいて手を開いたら、覚えのない剣の形をした小さな品物が入っていて、持っていないものだし誰かからもらったわけでもないと話されていて、スピリチュアリストの江原啓之さんが物品移動の話をしておられましたっけ。

『マーフィーの法則』の潜在意識(内なる神)への前向きな祈り言葉の繰り返しと、奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんへのお願いとアインシュテレンは超強力に思います。

なにしろこの2つのお願いの祈りとアインシュテレンで、背中の広範囲の寝違えを9時間で8割がた治癒した体験がわたくしにはありますので・・・

『マーフィーの法則』の本に出てくる前向きな祈り言葉の具体例によく出てくる、

「神さまの愛の川の流れが私を貫き」

って祈り言葉が大好きです♡
(*^^*)

だってこれって、ハイルシュトローム(善のエネルギー。神のエネルギーそのもの)を私に流していただいているってことと同じですもん♪
(*^^*)

でもこの契約書の原本発見の体験談は、ブルーノ・グルーニング交友会(ドイツ非営利社団法人)のサクセスレポートとしては提出できない体験談なんですよ。
(^_^;)>”

なぜなら、『マーフィーの法則』の潜在意識(内なる神)の活用も併用したから、ブルーノ・グルーニングさんだけのお助け体験談じゃないからです。

いや~、よかった、よかった。
助かりました~・・・
神さま、ブルーノ・グルーニングさん、ありがとうございます。
m(_ _)m

【朗読音声】
【はじめに】 マーフィー眠りながら巨富を得る(朗読)

https://www.youtube.com/watch?v=DRGTqucUhbY&list=PL6817E165AB3221A0

奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの紹介文はこちら
http://tensitatinokotodute.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html
(病気治癒だけでなくあらゆることで奇跡が起きます
奇跡が起きるかどうかはあなたにかかっています
それゆえブルーノさんは奇跡が起きることは保証はしていません
が、あなたが神さまの愛の送信を受信できれば奇跡は起きるでしょう)


関連記事
スポンサーサイト