日本対話ボランティア協会のミーティングに参加しました


昨日は『日本対話ボランティア協会』のミーティングに参加しました。

今回もナディアパーク6Fの名古屋市市民活動推進センターのフリースペースで行われました。

今回は、代表と、私と、前回参加した2人の女性が参加しました。

昨日のミーティングは先週話が出た、対話カフェについて意見を出し合いました。

代表は対話カフェをやる場所として、名古屋駅・本山あたりを考えていらしたので、そこらへんだと家賃が高いのではないかと、もっとはずれている高畑駅はどうかと私は提案しました。

対話カフェをやるのに不動産をレンタルするのであれば、NPО法人になったほうが信頼されやすくて助成金も出るから家賃や光熱費やコーヒー豆などの仕入れを助成金でまかなえるのではないかという話になり、でもNPОになるのはもう少し先の話なので、できればどこかのカフェを借りて土曜日だけ対話カフェをやることから始める方向で代表は考えているようです。

私は、それなら使っていない古民家を借りるのはどうかということと、レンタルヒーリングルームを土曜日だけレンタルして、カフェという形でなく、対話をするのにお茶をちょっとお出しするみたいなのはどうかという提案もし、そして対話をするために不特定多数の人が出入りしてもいいマンションを借りることも提案しました。

NPОになって助成金が出れば、マンションを借りることも可能になるかもなので、2部屋と台所とバストイレがある物件がだいたい8万からくらいだから、対話は予約制にして、2部屋あれば2人のクライアントの対応ができるので、1時間対話したら1時間休憩してやれば、朝10時~夜何時かまでの間でやれば何人かの対話をできるのではと提案しました。

そして、参加者の一人の女性の知っているところで、土日にレンタルスペースとして貸し出しているカフェがあるとのことでしたが、そこは駅から遠い不便なところだとのことだったので、私が免許を持っている人が車で駅まで送迎するのはどうかと提案しました。

あと、ミーティングの参加人数が増えてきたら、ウィル愛知の有料の和室や会議室を利用し、参加費をいただいて部屋を借りることも提案しました。

また、ミーティングは土曜日がいいという声があるそうで、土曜日にミーティングをする計画を立てているようです。

今日は代表が『NLP』というタイトルの漫画と『壁』という本を持っていらしていて、参加者のお一人が『ロジャーズ クライエント中心療法』という本をさっき買ってきたと教えてくださいましたので、読みたいです。

対話カフェは毎週土曜日にやると代表は決めているようなのですが・・・編み物講習会が土曜日なので、編み物講習会に参加する日は講習会が終わってから対話カフェに参加できたらいいなぁと思いました。

あと、副代表が必要なのではないかと提案しました。

ミーティング後、サイゼリヤに行って食事しながら対話に関連することについて23時までいろいろと話し合いましたが、今回は深い話し合いになり、有意義でした。

あっという間に4時間が過ぎたのですが、もしミーティングが土曜日になるなら、みなさんもっと時間が取れるかもなので、話し合いや対話の練習ができるのではと思います。

対話ボランティアはただ話を聞けばいいというものではないものなので、やはり対話についてのセミナーをちゃんと受けたり、ミーティングに参加することは必要じゃないかなと思います。

そうそう、今日は開催場所に19時前に到着したら、もう一人の方がすでにいらしていて、代表が来るまでおしゃべりしていたのですが、アイフォンのオラクルカードのアプリを見せたら、引いてくださいました^^

参加するときは紙のオラクルカードもちゃんと持って行っています。



日本対話ボランティア協会
http://www.jdva.org/index.html
名古屋近辺の方の参加者募集しています

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment