願えばなんでも叶うわけじゃなくて・・・


エイブラハムの『引き寄せの法則』の本を3冊読んで、願えばなんでも叶う、引き寄せられると思っていたのだけど、ある方のおかげでそうじゃないことを思い出させていただきました。

ソース(源)の視点で見ると私たちにはカルマはないと『引き寄せの法則』を伝えて来たエイブラハムがおっしゃっていますが、エゴ(自我)と共に作ったこの世界の『設定』には『カルマの法則』があり、カルマがあります。

生まれてくる前に、そのカルマを考慮した人生の青写真(ブループリント)を計画した時に、私たちは

「人生でこれを体験します!」

と決定的に決めた計画があり、その計画があるから、生まれてきてから願えばなんでも叶うわけではなく、願えば叶うのは自由に決めていい部分においてなんだと気づかせていただきました。

そこを学んで知っていたはずなのに、エイブラハムの『引き寄せの法則』を読んで、なんでも叶うという気になってしまっていた・・・

そして、すべては最善の出来事が起こっているのだから、良いことも、悪いことも楽しんでしまうことが大事であるということを伝えていただいて、私は

「いいことだけが起きてほしい」

とすごく願っているのだと気づきました。

起きた嫌な出来事を楽しんでしまうのは、愛の視点で見ることができないと楽しめないのではないかと思いました。

嫌な出来事なんて新たに望まなくていいんだけど、人はさまざまな思考をするから、ポジティブな思考もネガティブな思考もして、『願望のロケット』を宇宙に発射しているのだから、起きた出来事は結局すべて最善で起こっているんですね。

嫌なことが起きて嫌だと感じた時、

「自分がなにを望んでいるか」

がはっきりするのだと、『引き寄せの法則』のエイブラハムは伝えてきています。

嫌なことが起きたときって・・・今思ったのですが、そこにある自分の心を見つめるのにとてもいい機会なのかもしれないです。

で、やっぱり何事も『愛の視点』で見られるようになるのがとっても大事だなぁと・・・

まだ凡人なのでそれをやるのは難しいのですけど・・・

マイペースで行きますが、愛そのものである、イエスさまとブッダさまの境地に達したいな~。

もちろん、私は幸せな出来事がたくさん起きてほしいから、幸せを感じられることの願いのロケットを宇宙に発しますよ!

愛の意識を高めることが波動を上げることだから、嫌な出来事が起きたときはセルフヒーリングや瞑想をしよう~♪

『遊びをせんとや生まれけむ』

いつも私は「遊んでいるのだ」と心に留めておこうと思います^^

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment