枯れたプリンセチアに芽らしきものが!


去年の10月の私の誕生日に、ある方からプリンセチアの鉢植えをいただいたのです。

私はこのプリンセチアに『花葉姫(はなはひめ)』と名づけました。

ポインセチアの葉っぱが小さくてピンク色っていう植物なのですが、冬の間にどんどん枯れてしまって、どうしてだろうと検索をかけたことがあるのですが、プリンセチアは亜熱帯か熱帯の暑い地方の植物なのだそうで、寒いと枯れてしまうんだとありました。

ヘルパーさんが、

「これ、もうダメだよ。捨てたほうがいいよ。」

とおっしゃっていたのですが、でも私は、茎が枯れていないならとずっとお水をあげていました。

ベイビーズブレスさんに訪れたとき、緑の葉っぱがかわいい鉢植えがあって、クルーの方が、水遣りをしなくて枯れてしまったけどあきらめずに水をあげていたら復活したんですよとおっしゃるので、プリンセチアの話をしたら、

「ぜったい復活するから、あきらめずにお水と栄養をあげるといいですよ」

と言われて、お水や栄養をあげていました。

すると・・・最近気づきましたが、なんだか赤紫色の芽らしきものがあるんです。

花葉姫1

花葉姫2

これ、芽じゃないですか?

復活してくれて、また秋ごろにピンクの葉っぱみたいな花を咲かせてくれるかもなので、楽しみにしています。

プリンセチアやポインセチアが寒さで枯れてしまったという方、茎が枯れていないなら、あきらめずにお水と栄養をあげてみるといいと思います^^

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment