まず私が光にならないと…ですね


『奇跡のコース』のワークブックのゆるしのレッスン144をやっています。

神の愛の他に愛はなく、私が「見て」いるこのセカイには私が望むものは何もないんですね。

でも私はどうせこのセカイを「見る」のなら楽しもうって思っています。

『奇跡のコース』のワークブックのゆるしのレッスンは、まだやったことの無い方は、1日1レッスンずつ、レッスン1から順にやっていくものです。

なお、ワークブックはある程度のところまでレッスンが進むと、テキストを全部読む必要性が出てくるそうです。

奇跡のコース ワークブック365日
http://ameblo.jp/acimworkbook/

レッスン144はこちら
http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-10897197350.html

私は復習のところがものすごく嫌だと思ってしまい、レッスン自体をさぼったりやったりとしていてレッスンが進むのがとても遅いのですが・・・

ちゃんとやると、それ相応の学びがあり、どんどん幸せになっていくようです。

今までやってきた『奇跡のコース』のワークブックのゆるしのレッスンの中で、一番好きなワークはレッスン35です。

レッスン35
http://ameblo.jp/acimworkbook/entry-10781728120.html

私が神の子であり、とても神聖なのだと自分に言い聞かせたワークで、他の人も神聖なる神の子なんだとこのワークを思い出すたびに時々思い出しています。

が・・・キネシオロジーテストでの意識レベルが200以上か200以下のフォースであるかを思い出すと、どうしてもフォースの人は神聖なる神の子と思えなくなってしまい、相手の光だけを見るってとても難しいなぁと思います。

先日、霊感の強い友達が、私にとてもたくさんの苦しみの霊さんが憑いているとおっしゃっていて、霊にもいろんなやつがいて、面白がってからかうやつや、性格の悪いやつや、去っていく霊もいるから、肉体のある人間と同じだから、そういやつは無視するのが一番だとおっしゃっていたのだけど・・・

私は『奇跡のコース』のこのレッスン35をやっているから、そういう苦しみの霊さんもその魂は神聖なる神の子だと思うようになったし、苦しみの霊さんは、愛の欠如を感じることがあって、心がぎすぎすしてしまっただけだと思っているんです。

でも、なんの霊能力もない私には、そういう苦しみの霊さんの心を癒して光の世界に上げて差し上げる、いわゆる『浄霊』をする能力はないし、物質世界で生きている以上、苦しみの霊さんばかりを相手にして、頭のおかしな人と思われる人になることはできないので、苦しみの霊さんについて、イエスさまやブッダさまや聖母マリアさまや観世音菩薩さまに、

「私のところにいらした苦しみの霊さんを光にあげてください」

ってお祈りしていたのですが、霊感の強い友達からは、えっちゃんにはそういうお役目はないから、無視したほうがいい、楽しいことして意識をそちらに向けないほうがいいと言われて、オラクルカードリーダーとしてエネルギーがクリアーなほうがいいだろうと、

「苦しみの霊さん、ごめんなさい。私には苦しみの霊さんを光に上げるお役目はないそうです。イエスさまとブッダさまと聖母マリアさまと観世音菩薩さまに助けを求めてください。私ではなにもできません。」

と伝えて、忘れて意識を向けないようにし始めたのですが・・・

引き寄せの法則を伝えているある方がおっしゃっていたのですが、人は生まれてくる前に、基本的な意識レベルの数値というものを決めているんだそうです。

その生まれてきた時の基本的な意識レベルの数値を、人生を生きていくなかで上げていくのだそうです。

きっと、前世や過去世での人生体験やカルマでその基本的な数値を決めるのだと思いますが・・・

愛の欠如を感じる体験をいろいろしていることで、心がギスギスしてきて、性格が悪くなるんだと思うので、心の傷を癒すことで、肉体を持って生きている苦しみの霊さんも、肉体のない苦しみの霊さんも、愛の意識レベルを上げることができて、幸せになり、光になっていくのだと私は思っています。

私の意識レベルは825だと、キネシオロジーテストで調べてもらったことがあるので、統合失調症でもセルフヒーリングによってだいぶ意識レベルが上がったのだと思いますが、私自身がもっとセルフヒーリングに取り組んで、光になっていくことがまず大事なんだと思いました。

私のエネルギーに触れるだけで、と~~~っても癒されちゃうという、大天使ラファエルみたいな存在になれないかな~、なんて思います。


おすすめフラワーエッセンス販売サイトです↓

Angeli(アンジェリ)
http://www.shop-angeli.com/

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment